2021箱根駅伝、「最大の難所」5区の見どころと注目選手をご紹介

hakone-5ku

こんにちは

箱根駅伝の各区間の見どころと注目選手をご紹介しておりますが
今回は全区間の中で「最大の難所」の難所とよばれる
5区をご紹介して参りたいと思います。

hakone-5ku

5区はご存知のように、標高約874mまで一気に駆け上がる
「山登り」区間です。

山登りという区間の特性上、距離だけではまったく予想のつかないのが
大きな魅力で、「山の神」と呼ばれた今井正人選手(順天堂大学),
柏原竜二選手(東洋大学)、神野大地選手(青山学院大学)などの
スター選手をうみだしたみどころ満載の区間です。

imai-masato

写真は5区を走る今井正人選手

5区 区間ガイド

小田原中継所~箱根町・芦ノ湖駐車場
全長20.8km

区間記録 1時間10分25秒

第96回(2020年)大会/東洋大学 宮下隼人選手

通過タイム    3.5km(函嶺洞門)10分31秒

          7.0km(大平台)22分14秒

          11.7lm(小涌園)39分47秒

         15.8km(芦之湯)54分52秒

874mの標高差をの登り切った16.2kmの最高地点を過ぎると
19km過ぎの箱根神社大鳥居まで、今度は一転して下ります。
区間の距離が現在の20.8kmになってからは
この下りでの走りが、
ゴールタイムを左右する大きなポイントになります。

見どころポイント

箱根湯本駅前

066.箱根湯本駅
066.箱根湯本駅 posted by (C)WashiTabi

小田急ロマンスカーの終点駅となる箱根湯本駅は
小田原中継所よりちょうど3km地点になります。

箱根湯本駅前商店街では、箱根登山鉄道での登りりをあきらめた
大勢のギャラリーで埋め尽くされます。

混んではいますが道幅が狭いので、
反対車線側からも選手が良く見えるのがなんといってもよいところです。

また、あえて箱根湯本から小田原側に歩いていくと
駅前ほど人がいないので、落ち着いて選手の応援ができるのも
この地点の良いところです。

そして、箱根湯本で目をひくのが
梅干し専門店の「村上二郎商店」。
社長が青山学院大学のOBであるところから
毎年大きな垂れ幕を用意して青山学院大の応援をしています。

宮ノ下駅・富士屋ホテル前

この宮ノ下駅付近は箱根町観光情報ポータルサイト「箱根全山」
定点観測できるライブカメラの配信をしています。

そして富士屋ホテル前では「渡邊ベーカリー」による
無料のシチューパンの配布サービスという独特の「宮ノ下スタイル」という
おもてなしもあり、観客にとってはうれしい限りです。

miyanosita

画像 箱根宮ノ下温泉

「宮ノ下スタイル」の最大の特徴は

”大学の垣根を越えて応援しよう”

というもの。

総数約500枚の手づくりののぼりをいたるところに
貼りだして一体で応援する様は壮観そのものです。

https://twitter.com/neojimro992001/status/1080257825614352384?s=20

 

芦之湯~最高地点~曽我兄弟の墓

15.8kmの芦之湯に5区最後の芦之湯バス停給水ポイントがあります。
ここは5区最後の檄が飛び交う場所でもあり、重要な役割を担っているとことです。

そして16.3km付近が箱根駅伝の最高地点である標高874m付近となり
「曽我兄弟の墓」のバス停付近まで緩やかに下っていきます。

この地点は風も非常に強く吹くので、
観戦には万全の態勢で臨んで欲しい地点でもあります。

sogakyoudai

画像 YMAP.comより

往路ゴール

hakoneekidenn

往路のゴールである芦ノ湖駐車場は箱根神社の大鳥居付近から
びっしりと沿道を人が埋め尽くします。

この地点では、どこで見るかなどというよりも
大勢のギャリーと共に各大学の健闘を讃えましょう。

落ち着いたらゴール地点すぐ脇にある「箱根駅伝ミュージアム」
あらためて過去からの箱根駅伝を肌で感じるのも
またよいものです。

注目の選手

宮下 隼人 東洋大学3年 (山梨 富士河口湖高校)

https://twitter.com/sportstoyo/status/1264520303511666690?s=20

2021年箱根5区の注目選手は
今年の箱根5区で見事区間新となる1時間10分25秒で走った
宮下隼人選手です。

宮下選手は「二代目山の神」といわれた柏原竜二選手にあこがれて
東洋大学に入学し、着実に力をつけて区間新記録をこうしんするまでに
成長しました。

3年生となる2021年では今年以上の活躍を期待したい選手です。

飯田 貴之 青山学院大学3年 (千葉 八千代松陰高校)

iidatakayuki

画像 月間陸上競技

飯田選手は宮下選手にこそ及びませんでしたが
区間2位の1時間10分40秒で走り、
青山学院大の王座奪回に貢献しました。

2021年では同学年である東洋大学の宮下隼人選手への
リベンジがなるかが注目される飯田貴之選手です。

鈴木 聖人 明治大学3年 (茨城 水城高校)

suzukimasato

画像 月間陸上競技

鈴木聖人選手は同学年の宮下、飯田両選手には
及びませんでしたが2020年箱根5区を
区間5位の1時間11分49秒で走り、
明治大学のシード権獲得に貢献しました。

2021年では宮下、飯田選手に負けない走りで
明治大学のさらなる躍進に貢献して欲しい選手です。

西田 壮志 東海大学4年 (熊本 九州学院高校)

nisidasaousi

画像 月間陸上競技

東海大学が誇る5区のスペシャリスト西田選手です。

西田船主は2019年は区間2位、2020年では区間7位と
安定した走りができるのが大きな強みの選手です。

区間2位となった2019年の箱根で出した
1時間11分18秒は歴代区間6位となる好タイムです。

最後となる2021年箱根では念願の5区区間1位を
とれるように頑張って欲しいものです。

まとめ

箱根駅伝の「最高の難所」と呼ばれる
山登り区間の5区の見どころと注目選手をご紹介してまいりました。

見どころはかなり多くて目移りしますが

  • 箱根湯本駅
  • 宮ノ下駅・富士屋ホテル前
  • 芦之湯~最高地点~曽我兄弟の墓
  • 往路ゴール

上の4ポイントは是非おさえたいポイントです。

特に宮ノ下駅・富士屋ホテル前の
「宮ノ下スタイル」と呼ばれる応援は是非、体感して欲しいです。

新たな「山の神」を期待して注目の4選手を紹介させて頂きました。

  • 宮下隼人選手(東洋大学)
  • 飯田貴之選手(青山学院大学)
  • 鈴木聖人選手(明治大学)
  • 西田壮志選手(東海大学)

この4選手には昨年以上に切磋琢磨して
2021年箱根の山を盛り上げて欲しいです。

5区は往路のゴール地点でもあります。
激しい争いの中からどこの大学が往路優勝のテープをきるかも興味深い5区です。

この文章を読んで頂いてありがとうございました。

Follow me!