個人事業主になった時のクレジットカード 作り方4つのポイント

cregitocard

こんにちは

今日は晴れて個人事業主となったあなたが
クレジットカードを作る場合の注意点をまとめてみました。

なぜ、このテーマでお話させて頂くかというと
事業主の方がクレジットカードを作る場合は
勤めている人が作る場合と違って
少しややこしいからです。

ここでは貴人事業主となった人がクレジットカードを作る際に
注意して欲しいポイントを4つに分けて解説してまいります。

1.個人用と法人用で併用

cregitcard-2

クレジットカードには、個人用と法人用の2種類があります。
個人事業主はこの2つをどう使い分けるのが良いのでしょうか。

答えは使い分けたほうが良いです。

以下から、その理由について解説していきます。

1-1.個人用と経費精算用は使い分ける

クレジットカードは

  • 個人用クレジットカード
  • 経費精算用の法人クレジットカード(法人カード)

この2種類に大別されます。

法人カードは個人事業主でも申し込めるタイプがあるので、
法人でなくても問題ありません。

「個人事業主なのだから、クレジットカードは1枚で十分では?」と
思われるかもしれませんが
基本的には個人事業主でも個人用カードと法人用カードを
それぞれ、最低一枚ずつ分けて持つことをおすすめします。

その際、個人用と法人用で口座も別々にするようにしてください。

1-2.使い分けるメリット

なぜ、それぞれを使い分けたほうが良いかというと
クレジットカードを使い分けるメリットは経理作業が楽になるからです。

たとえ個人事業主でも、帳簿の仕分けや記入は思ったより多いことがあります。
クレジットカードや口座が分かれていないと
思わぬ処理の見落としなどで税務署から指摘を受ける可能性があります。

指摘を受けると、改めて経理処理をやり直さなければならなくなり
ムダな時間を費やしてしまうことになってしまいます。
個人事業主で経費の清算にもクレジットカードを使いたい場合は
必ず分けるようにしましょう。

1-3.クレジットカードの名義は

個人事業主が法人カードを作る場合の名義は個人となります。
屋号を付けている方でも、
法人カードに屋号を付けることは基本的にできません。
種類は法人カードですが、名義は個人です。

2.個人事業主の審査は厳しくなる

sinsa

次に、個人事業主のクレジットカード審査について解説します。
難しいといわれる個人事業主の審査でも,
通りやすくするポイントがありますので
そこのところをお話させていただきます。

2-1.審査が厳しい場合

個人事業主でもクレジットカードは申し込めます。
実際に持っている方もたくさんいます。

ただ残念ながらほとんどのカード会社では、
一般的な企業に勤務しているよりも
”個人事業主の審査が厳しい”という
傾向が見受けられます。

なぜかというと、個人事業主の場合

  • 収入が安定しないとみなされることがある
  • 実店舗を構えている以外、
    勤務の実態が不明の場合があり、無職と区別がつかない

という点で審査が難しく、結果的に審査落ちとなってしまうためです。

特に事業内容が、株取引やインターネット関連などの
実店舗を構えない個人事業主の場合は
カード会社による審査の判断が、さらに難しくなってしまうことが
間々見受けられます。

では、実店舗を構えていない個人事業主は
クレジットカードは作れないのか?
というと、そんなことはありません。

個人事業主がクレジットカードの審査に
通りやすくなるポイントがいくつかあります。
そのポイントを次から解説していきます。

3.審査が通りやすくなるポイント

point

3-1.開業届を出し確定申告する

自営業として開業する場合、
税務署に個人事業の「開廃業届書」を提出すると
個人事業主として登録され、社会的信用が増します。

また、クレジットカードを作る際、
場合によっては(キャッシング付帯を希望する場合など)
確定申告書の写しや納税証明が必要となることもあり、
それが勤務の実態の証明ともなります。

そのため、個人事業主として開業したら
必ず開業届をだして、確定申告をするようにしましょう。

3-2.固定電話とホームページ

実店舗を構えている個人事業主以外では
固定電話やホームページを持っている方は少ないと思います。

しかし、クレジットカードの審査には、
ホームページやサイトもチェックされます。
固定電話は自宅と兼用でも良いですし、
ホームページも簡単なもので構わないので
ぜひ導入、開設するようにしてください。

3-3.利用履歴をチェックする

個人カードも、法人カードでも、
クレジットカード審査に何よりも大切なのが
その人自身の利用履歴です。

たとえ個人事業主としての事業が
黒字で売上が多かったとしても、
個人の直近のクレジット利用歴に
支払い遅延や金融事故があった場合は
個人用クレジットカードも
法人クレジットカードもつくれません。

支払遅延や金融事故の情報は、
CICという信用情報機関に5年間記載されます。

クレジットカードを審査する際、
カード会社は必ずCICに信用情報を照会しますので
利用履歴はチェックしたうえで申し込むようにしてください。

4.作りやすいクレジットカード

easycard

それでは、個人事業主が作りやすいクレジットカードは
どのようなクレジットカードなのでしょうか。

それは、審査がゆるめということになります。

そのポイントとして

  • 銀行系ではなく、信販系のクレジットカードを選ぶ
  • キャッシングは付帯しない

という点が挙げられます。

理由として、クレジットカードは銀行系よりも信販系の方が
審査基準が独特なので、審査がゆるめということがいえるのです。

また、キャッシングを付帯しない場合は
ショッピング枠のみの審査となるため、
審査は、”早く、ゆるめ”になる傾向があります。

 

反対に、信販系でもキャッシングを希望した場合には
審査に時間がかかり、厳しくなることがありますので
注意してください。

 

まとめ

ここでは、個人事業主の方が用意すべきクレジットカードについて
おすすめの基本的な持ち方や審査のポイントなどを解説してきました。

個人事業主の方がクレジットカード作るにあたって

  1. クレジットカードは使い分ける
  2. 個人事業主の審査は厳しくなる
  3. 審査に通りやすくなるポイント
  4. 作りやすいクレジットカード

以上の4つのポイントについて押さえて頂いたうえで

審査に通りやすくなるポイント

  1. 開業届を出し確定申告をする
  2. 固定電話とホームページ
  3. 利用履歴をチェック

上記3つのことを事前に準備して
まずは信販系のクレジットカードを選択するようにしましょう。

クレジットカードをしっかりと準備することで、
支払い計画がしっかりとたてられます。
そうすることで本来の業務に集中して取り込めるようになります。

是非、ひとつひとつ準備を重ねていってください。

この文章を読んでいただいてありがとうございました。

 

 

 

Follow me!