初めての起業は個人事業主or法人?それぞれのメリットは何?

wakareme

会社をやめて独立したい!
と思ったあなたは屋号で活動しますか?
それとも法人として活動しますか?

法人として活動したいけど
そもそも法人として活動するメリット、デメリットが
よくわからないといったことはありませんか。

起業をする場合は
個人事業主(屋号)での起業と株式会社などの法人としての起業と
2つの形態があります。

どちらかにするかは、ご自分の目的、ライフスタイルによって
判断して頂きたいのですが

それぞれのメリット、デメリットについて、
以下から解説していきたいと思いますので
判断の材料にして頂ければ幸いです。

こんなに違う 個人事業主と法人

wakareme

個人事業主と法人(この場合は株式会社)の違いを
表にしましたので、ご覧ください。

個人事業主 株式会社
開業手続き 税務署などへの届出だけ簡単 定款の作成、登記など複雑
設立費 特になし 25万円前後
事業の追加・変更 制約がなく自由 定款を変更する必要あり
事業の廃止 届出を出せばOK 多くの手続きが必要
税金 利益少→有利 利益大→有利
経費 節税難 節税範囲広い
税務処理 シンプル 複雑
社会的信用度 比較的低い 比較的高い
健康保険 加入できない(国民健康保険や国民年金) 加入できる

上の表にありますように個人事業主のメリットとしては

  • 簡単に始められ簡単に辞められる
  • 税金(利益が出ないと税金がかからない)
  • 事務、税務手続きが簡単

という点があげられます。

一方、法人のメリットというと

  • 社会的信用度の高い(融資が受けやすい)
  • 利益が増えると税金の面で有利
  • 社会保険に加入できる

という点があげられるでしょう。

デメリットとしては

個人事業の場合

  • 社会的信用が低い(融資が受けにくい)
  • 利益が増えると収める税率が上がる
  • 社会保険に加入できない(国民健康保険)

法人の場合

  • 設立費用がかかる
  • 登記、税務などの手続きが複雑
  • 辞める際にも費用がかかる

以上がそれぞれのメリット・デメリットになります。

これらを踏まえたうえで、
自分自身のライフスタイルから個人or法人を選択するのが
よいでしょう。

税率は

tax

個人事業主の場合は利益に対して所得税が課税されます。
法人の場合は報酬に対しては所得税、その他の利益に対しては法人税が課税されます。

ここでは所得税率と法人税率を見てみたいと思います。

所得税 税率 法人税 税率
195万円以下 5% 所得金額800万円以下の中小法人 15%
195万円超~330万円以下 10%
330万円超~695万円以下 20%
695万円超~900万円以下 23%
900万円超~1,000万円以下 33% 中小法人で年間所得が800万円を超えた部分 23.4%
1,000万円超~4,000万円以下 40%
4,000万円超~ 45%

上の表からもわかりますように
所得税と法人税を比較すると、法人税は累進性が低いのが特徴といえます。

利益が増すにつれて法人の方が税金面では有利と言えるでしょう。

会社の形態について

ここからは会社の形態について見てみます。

【会社形態比較表】

株式会社 合同会社 合名会社 合資会社
出資者 株主
(設立前は発起人)
社員 社員 社員
株主・社員の人数 1名以上 1名以上 1名以上 2名以上
出資者が負う責任 有限責任 有限責任 無限責任 有限または
無限責任
一般的な設立費用 約25万円~ 約6万円~ 約10万円~ 約10万円~
意思決定機関 株主総会 社員総会 社員総会 社員総会
経営の主体 取締役 業務執行役員 業務執行役員 業務執行役員

現在、日本で設立できる会社の種類は上記の様に主に4種類です。

しかし、合名会社、合資会社の2つに関しては
事業を撤退する際に出資者が出資金額を回収できないだけでなく、
個人の私財をすべて投じての弁済義務があるのでおすすめできません。

会社を設立するのは株式会社か合同会社の2択です。

株式会社と合同会社の違い

presen

それでは、株式会社と合同会社ではどのように違うのでしょうか。

最も大きな違いは、会社を所有している人と、経営している人が
同一人物であるかどうかです。

株式会社は株式を所有する人と経営する人が存在し、
合同会社は会社所有者と経営者が同一であるというのが大きな違いになります。

このため重要決定事項について
株式会社は株主総会の承認を得なければならないのに対して
合同会社は役員総会の承認のみで大丈夫です。

そのため合同会社の方が意思決定が早く
経営にスピード感を持たせられるというメリットがあります。

株式会社のメリットとしては
社会的信用度が合同会社よりも高いので
資金調達がしやすいということがあげられます。
それに加えて
上場しやすい(事業拡大しやすい)ということも
メリットとして挙げられるでしょう。

まとめ

個人事業主と法人のメリット、デメリット及び
会社形態の違いによるメリット、デメリットについて述べてまいりました。

ご自身のライフスタイルにより個人or法人、
将来的に目指す姿によって株式会社or合同会社というような
選択が良いと思いますが
真剣にビジネスに取り組みたい人は法人から始め、
会社を大きくして「いずれは株式上場」まで含めて考えるなら、
選択肢は株式会社一択が良いと思います。

いずれにせよ、ご自身の価値観に照らし合わせ
て望むスタイルに一番近い形態を選択するのがベストです。

あまり背伸びをするのはお勧めしませんが、
かといって控えめすぎるのもビジネスを展開していくうえでは
マイナスに作用しがちなので
「ご自分の価値観と照らし合わせて」選択するのが
重ね重ねベストであると私は思います。

是非、熟考のうえ選択してください。

この文章を読んで頂いてありがとうございました。

Follow me!

PAGE TOP