【2021箱根駅伝有力校紹介Part5】明治大学、創価大学

ekiden

こんにちは。
2021年の箱根駅伝有力校紹介のコーナーもいったんラストなる
今回のPart5は今年の箱根で総合6位入賞の古豪明治大学と
開校以来初のシードを獲得した総合9位の創価大学の横顔を
ご紹介いたします。

明治大学

 

平塚中継所で4区金橋佳佑選手(右)にたすきをつなぐ3区手嶋杏丞選手(写真:日刊スポーツ/アフロ)

画像 平塚中継所で4区金橋佳佑選手(右)にたすきをつなぐ3区手嶋杏丞選手
(写真:日刊スポーツ/アフロ)

今年の箱根で総合6位に食い込み、見事にシード権を獲得した明治大学ですが
春先はエースで主将の阿部選手の故障や4年生の不調で
一時はどうなることか危ぶれていました。
その窮状を救ったのが箱根エントリー選手を含めた1年生4人組です。
彼らは「自分たちがやってやるんだ」という強いメンタルで
前へ前へと進み躍進の原動力となりました。
その1年生を含め経験者が7人残る明治大学の2021年箱根は
大いに期待が持てます。楽しみな明治大学です。

有力選手紹介

主将 前田 舜平(まえだ しゅんぺい) 4年 倉敷高校

新シーズンのキャプテンは前田舜平選手です。
今年の箱根は山下りの6区を走り、区間7位の成績でした。

2021年シーズンの目標は5位

確実にステップアップを目指す新主将の抱負です。

加藤 大誠(かとう たいせい) 2年 鹿児島実業高校

今年の箱根では1年生ながら花の2区を任され区間10位(日本人1年生歴代2位)で走り
区間賞をとった阿部前主将と共にシード権獲得の立役者になった加藤選手。
今シーズンはエースとしての活躍に期待がかかります。

鈴木 聖人(すずき きよと) 3年 水城高校

鈴木選手は今年の箱根では山登りの5区を走り区間5位の好走をしました。
今シーズンの目標は5000m,10000m,ハーフ自己ベスト更新という
高い目標を掲げています。
頼もしい限りの鈴木選手です。

手嶋 杏丞(てしま きょうすけ) 3年 宮崎日大高校

画像 明大スポーツ

手嶋杏丞選手は初出場となった今年の箱根では3区を走り区間7位でした。
手嶋選手は箱根駅伝の予選会で全体9位、日本人4位という成績を収め
一躍ブレイクした選手です。
上級生となる今シーズンは一段と飛躍が期待される選手です。

小袖 英人(こそで ひでと) 4年 八戸学院光星高校

今年4年生となる小袖選手は初出場の2019年箱根は7区を走り18位
今年の箱根は1区を走り10位と走り10位と着実にステップアップしています。
最後の箱根では区間上位に充分食い込める実力はあるので
悔いのない走りをみせてもらいたいものです。

児玉 真輝(こだま まさき) 1年 鎌倉学園高校

明治大学の今年のゴールデンルーキーは児玉真輝選手。
箱根駅伝の2区のコースがある横浜市戸塚区の出身で
自宅のベランダから箱根駅伝を眺めては

「いつかは2区で区間賞をとるんだ」

と、闘志を燃やしていたそうです。
5000mの自己ベストが13分54秒84と素晴らしいスピードを誇る児玉選手が
永年の夢をかなえる4年間がスタートしました。

創価大学

2020年箱根は総合9位で史上初のシード権獲得をし
大躍進を遂げた創価大学です。

2019年2月に就任した中央大学OBの榎木和貴監督が的確なチーム分析で
課題が練習量にあることを確認したうえで、選手に理解を求め
実践した結果が就任1年目で初のシード獲得につながりました。

2021年のシーズンはパワーアップした4年生に力のある選手が揃うので
今年以上の成績を挙げる期待値は非常に高いです。

有力選手紹介

主将 鈴木 渓太(すずき けいた) 4年 東海大山形高校

画像 創価大学駅伝部HP

2020年箱根では当初6区にエントリーされたものの当日区間変更となり
惜しくも箱根を走ることはできなかった鈴木渓太選手
主将となった今シーズンは自身の初の箱根出場はもちろん
チームを束ねて今年以上の成績を残せるように頑張って欲しいものです。

嶋津 雄大(しまず ゆうだい) 3年 若葉総合高校

嶋津選手は今年の箱根において最終区の10区を任され
何と区間新記録で走り、大学史上初のシード権獲得のテープを切って
一躍ヒーローになった選手です。
2021年の箱根ではエースとしての活躍が期待される嶋津選手です。

福田 悠一(ふくだ ゆういち) 4年 米子東高校

画像 創価大学駅伝部HP

福田雄一選手は今年の箱根で4区を走り区間4位と好走しました。
最終学年の4年生になった今シーズンは嶋津選手に負けず
区間賞を是非とってもらいたいと思える選手です。

石津 佳晃(いしず よしあき) 4年 浜松日体高校

画像 創価大学駅伝部HP

今年の箱根では9区を区間6位で走った石津佳晃選手。
4年生の今シーズンは区間賞の走りを期待したいですね。

フィリップ ムルワ 2年 ケニア キテタボーイズ高校

画像 https://www.soka.ac.jp/news/2019/07/4114/

4月から2年生になったムルワ選手です。
今年の箱根は留学生枠の関係で箱根を走ることができませんでしたが
ムイル選手が卒業した今シーズンは大いに期待が持てる選手です。
10000mの記録は28分38秒32と創価大学の選手ではNo.1のタイムを誇りです。
まさに創価の秘密兵器といったところでしょうか。
活躍が大いに期待される選手です。

まとめ

2021年箱根駅伝の有力校(シード校)紹介のコーナーも
今回の明治大学と創価大学で最終回となります。

両校共に今年の箱根の経験者が数多く残り
明治大学は2年生、創価大学は4年生に力のある選手がいるのが
特長的です。

今年の箱根の活躍で自信をつけた両校には
今年以上の飛躍が期待される2021年です。

頑張れ! 明治、創価

 

この文章を読んで頂いてありがとうございました。

 

Follow me!