新1万円札の渋沢栄一は元祖起業プロデューサーで子孫は超イケメン!

shibusawaeiichi

先日、2024年から新しくなる紙幣の発表がありました。

新1万円札は渋沢栄一、新5千円札は津田梅子、新千円札は北里柴三郎に
なるようですね。

新一万絵札に描かれる事になった渋沢栄一は「日本資本主義の父」と呼ばれ
生涯にわたり500以上の起業の設立に関わった人です。
近代日本の礎を築いた偉大な「連続起業家」です。

この偉大な渋沢栄一氏の子孫に超イケメンモデルがいることが判明しました。

ここでは渋沢栄一氏とこのご子孫にスポットをあててご紹介致します。

渋沢栄一氏の基本情報

渋沢栄一氏は天保11年(1840年)に現在の埼玉県深谷市に豪農の二男として生まれました。
幼少の頃から家業の畑作や藍玉の製造・販売、養蚕などを手伝う一方で
父から学問の手解きを受け、また従兄弟の尾高惇忠から論語などを学び、
江戸にも遊学するほど学問好きだったようです。

学問好きでありながらも、血気盛んで一時尊王攘夷運動の志士でしたが、
一橋家に仕え、徳川慶喜が将軍を継ぐと共に幕臣になり、1867年には幕府のパリ万博使節団の一員として渡欧して西欧の近代的産業設備や経済制度などを見聞しています。

実はこの渡欧こそが渋沢栄一を大きく動かす転機となっています。
ヨーロッパの、特に金融の領域の発展に圧倒され、
日本を根本的な体制から変えていく決心をした様です。

帰国後は近代的財政や金融、貨幣制度の導入などに尽力して
数多くの企業設立に関わっています。
全て自分で作ったわけではありませんが
生涯に関わった会社は約500社と言われています。

kaisha

設立に関わった会社

設立に携わった会社は第一国立銀行(現みずほ銀行)、東京ガス、東京海上日動火災、
王子製紙、日本製紙、東急電鉄、太平洋セメント、帝国ホテル、秩父鉄道、東京証券取引所、
キリンホールディングス、サッポロビール、東洋紡などの
現在でも活躍する一流企業ばかりです。

このことが「日本資本主義の父」と呼ばれる所以となっているのです。

子孫はイケメンモデル

この偉大な渋沢栄一さんのご子孫になんとイケメンモデルが存在するのです。

そのイケメンモデルとはフジテレビ系の「テラスハウス ハワイ編」に出演していた
澁澤侑哉さん(21歳)です。

https://www.instagram.com/p/BrxWy3jDcrl/?utm_source=ig_web_copy_link

ご覧の様に超イケメンですね。
何でも、お父さんはアメリカ海兵、日本人の母は外資系企業に勤めるキャリアウーマンで
本人は183cmの長身だそうです。
羨ましいほどですね。

詳しいプロフィールはこちら
http://barkinstyle.jp/model/404.html

テラスハウス出演

「テラスハウス ハワイ編」には2016年の冬から半年ほどの出演だったそうです。
彫りの深いエキゾチックな顔立ちで視聴者の人気は高かったそうです。
この容姿では十分うなづけますね。
当時は俳優志望でしたが、テラハ出演後、バナナ・リパブリックのモデルや、
『最強スポーツ男子頂上決戦』(TBS系)に出場するなど活動の幅を広げてるそうで
将来的にはハリウッド俳優を目指しているそうです。

渋沢栄一というお札の肖像にもなるような大人物の子孫という事を
本人はこれまで決して公にはしてこなかったようです。

「彼は“先祖の名前には頼りたくない”という思いがあるんです。テラハ出演時はもちろん、その前にはユニクロのモデルも務めていましたが、先祖のことは一切明かしていません。彼が、4代以上離れたこの“七光”を使うのは、信頼できる友達を前にして、“おれの先祖は超大物”と、冗談めかして言う時だけです」

引用 女性セブン

このように言うものの、これからはマスコミが放ってはおかないでしょうね。
目が離せない澁澤侑哉さんです。

渋沢栄一さんは元祖起業プロデューサー

話は渋沢栄一さんに戻りますが
一般的には実業家として紹介されている渋沢さんですが
もう少しかみ砕いていうと、今でいう「起業プロデューサー」と言った方が
わかりやすいと思います。

500もの事業の立ち上げに携わった渋沢さんですが、
実質的な経営はほとんど他の人に任せています。

自身が行った欧州視察で見聞した、
海外にあって日本にはまだない事業(鉄道などのインフラ事業が主)の経営にあたって
自ら事業の経営に見合う人材を見出して、
資金調達や部分的なアドバイスをするというパターンで
多くの事業と起業家を育ていったようです。

育てた実業家

渋沢が発掘し育成した実業家として
大倉喜八郎や浅野総一郎といった実業家が挙げられます。
大倉喜八郎は、サッポロビール、帝国劇場、帝国ホテルなど多数の事業を生み出した人で、
長年にわたり、さまざまな事業で渋沢と手を組んだ人です。

浅野総一郎は、浅野セメント(現・太平洋セメント)を立ち上げた人物ですが、
その浅野を早くから評価し、サポートしていたのが渋沢でした。

また、渋沢は現在の東洋紡を起業して成功を収めますが、
実はこの経営に深く関わっていた山辺丈夫も、渋沢がいち早く目をつけて育成した人です。
ちょうどイギリスに留学していた山辺に、現地の紡績技術を学ぶよう進言し、
彼を援助し続けたそうです。

その他にも第一生命保険や伊藤忠など、さまざまな企業の設立にも関与した
和田豊治なども、つながりがあったそうです。

akusyu

すべては日本のため

渋沢の関わった事業を見てみると
いかに公益と利益の両方を追求していたかが分かります。

渋沢は特に国民の生活を左右するインフラ事業に数多く携わっています。
それは、国民の生活を豊かにするという、
「公益の追求」を考えていたからと言えます。
その点において財閥とは大きく異なると言えます。

非財閥だから私利私欲に縛られず、多くの人たちと共に事業ができるのです。
まさに「すべては日本のため」人生をささげていたのでしょう。

まとめ

2024年から新一万円札の肖像になることが決まった渋沢栄一さんは
「すべては日本のため」に多くの事業を起こした元祖敏腕起業プロデューサーでした。

お子孫の澁澤侑哉さんも今後の活躍が大いに期待されます。

元号も令和に変わる節目の今、再度渋沢栄一の功績を見つめなおして
新しい時代の糧にしていきたいと思います。

shibusawaeiichi

この文章を読んで頂いてありがとうございました。

Follow me!