MIKIKO先生は人の心を解き放つ!Perfumeの振付の秘密?

今日放送の予定のNKK「プロフェッショナル仕事の流儀」に出演される振付師「MIKIKO」さんをご存知でしょうか?

一昨年大ヒットした「恋ダンス」の振り付けや、紅白歌合戦での「椎名林檎さんと宮本浩次さん」など数々の話題作を手掛けてきた当代きっての振付師です。

さらにMIKIKOさんは東京オリンピックの式典も手掛けると言います。

ここでは知られざるMIKIKOさんにスポットをあてて、ご紹介致します。

MIKIKOさんのプロフィール

本名   水野 幹子(みずの みきこ)

愛称   MIKIKO先生

生年月日 1977年8月21日

出身地  東京都生まれ広島市育ち(2歳から)

所属   株式会社ELEVENPLAY(イレブンプレイ)代表取締役

MIKIKOさんは三人姉妹の末っ子で2歳の時にお父さんの転勤で広島に引っ越して以来、広島で育っています。

大学在学中の21歳の時にはアクターズスクール広島の講師として迎え入れられて、一期生となるPerfumeと出会い、これ以降Perfumeの楽曲の全てを振り付けしています。

2016年には、リオデジャネイロオリンピックの閉会式の五輪旗の引継ぎ式における芸術パートを担当、2017年には「恋ダンス」、そして2020年東京オリンピックの開会式・閉会式4式典総合プランニングチームに就任しています。

まさに八面六臂の大活躍です。

Perfume全国ツアー

Twitterにもありますように本日の「プロフェッショナル仕事の流儀」ではPerfumeの全国ツアーに半年密着して取材した内容となっています。

今をときめく振付師MIKIKOさんの人気の秘密が解き明かされそうで興味深いですね。

以前、MIKIKOさんに「なぜPerfumeのダンスが完璧なシンクロをみせるのか?」という質問に、答えられている記事がありましたのでご紹介します。

Perfumeの完璧なダンス 3つの秘密

1番目です。

「リハーサル映像を動画で見て、揃ってない箇所をスクショして修正指示を出す」
というもの。本番までLINEでメンバーとやり取りをして、最終修正をしているようです。たとえ現場にいなくても振付のチェックを怠らないシステムが、あの完璧なシンクロを生み出しているのですね。

引用 http://meetia.net

2番目です。

体が楽器の役割をしているので、体と音楽が超細かくシンクロしている」
ということでした。どういうことかというと、3人が振付を踊ることで、その曲を演奏して見えるようにしているとのこと。Perfumeはやはりテクノサウンドが特徴ですし、ライブではバンドが入るわけでなく、3人の歌とダンスで魅せないといけないので、体が楽器として演奏しているようにしたいというMIKIKOのこだわりが込められています。

引用 http://meetia.net

3番目です

3つ目の秘密はPerfumeのダンスのキレについてです。Perfumeのダンスはヒールを履いて踊る「ヒールダンス」が特徴。女性ダンサーなら分かると思いますが非常に難易度が高いです。ヒール履く理由としてMIKIKOは、脚も美しく見えると話し、Perfumeもヒールを履く方が綺麗なんだったら履くという気持ちでいると語ります。ヒール筋がついているPerfumeだからこそ、逆にヒールを履いている方が軽快にステップを踏めるのではないかと分析。同時に靴擦れなどの痛みや筋肉痛などを当たり前のように対応し、プロダンサーでもできないようなことをやってのけるPerfumeを尊敬していると話していました。

引用 http://meetia.net

振り付けを演出するMIKIKOさんもすごいですが、要求を受け入れて完璧に演じるPerfumeもすごいですね。

MIKIKOさんとPerfumeはまさに出会うべきして出会ったということでしょうか。

それにしても素晴らし出会いでしたね。

まとめ

今日のNHK「プロフェッショナル仕事の流儀」に取り上げられられるMIKIKOさんは、東京オリンピックの式典も手掛ける振り付けの第一人者です。

番組では11歳の時から振り付けを担当するPerfumeの全国ツアーの密着取材から、その振り付けの秘密を探るという、とても興味深いものです。

タイトルは「人の心を解き放つ」。

どのようにして人の心を解き放つのでしょうか?

しかも”予想を裏切る大きな賭け”とあります。

益々興味津々です。

MIKIKOさんのプロの流儀を是非、この目で見て、感じたいですね。

この文章を読んで頂いてありがとうございました。

 

Follow me!