市原悦子さん死去!「まんが日本昔ばなし」「家政婦は見た」の名優が

女優の市原悦子さんが昨日心不全で亡くなったと報道がありました。

享年82歳ということです。

心からお悔やみ申し上げます。

ここでは昭和を代表する名優「市原悦子」さんにスポットをあててご紹介します。

市原悦子さんのプロフィール

・本名    塩見 悦子(しおみ えつこ)

・生年月日  1936年1月24日

・没年月日  2019年1月12日(82歳没)

・出身地  千葉県千葉市

・身長    160 cm

・血液型   A型

・活動期間  1957年 – 2019年

・活動内容  1957年:俳優座入団

・配偶者   塩見哲(1961年 – 2014年)

・事務所   ワンダー・プロ

・出身校  千葉市立末広中学校-千葉県立千葉高等学校-早稲田大学第二文学部演劇専修

俳優座養成所次代の同期の有名人にはジェームス三木さん、大山のぶ代さん、冨士眞奈美さん、義那道夫さんらがいます。

1957年に俳優座に入団して、『りこうなお嫁さん』でデビューします。

同年に新劇新人推賞を受賞して、1959年に『千鳥』で芸術祭奨励賞を受賞しています。

さらに1963年には新劇演劇賞、1964年にゴールデン・アロー賞新人賞に輝き、新劇女優として高い評価を受けるに至っています。

旦那さんは?

市原さんの旦那さんは塩見哲(しおみてつ)さんという舞台演出家の方でした。

俳優座養成所時代に知り合って1961年に結婚しています。

お二人は「おしどり夫婦」として有名で、市原さんが出演する舞台では必ず塩見さんが演出を手掛けていたそうです。

お二人の間にはお子さんはいなかったようです。

塩見さんは市原さんよりも先の2014年4月に肺炎でお亡くなりになっています。

「日本昔ばなし」

市原さんといえば代表作は「日本昔ばなし」。

先に亡くなられた常田富士夫さんとの掛け合いは絶妙でした。

画像

画像 ねとらぼ

この「まんが日本昔ばなし」はすべての登場人物の声を市原さんと常田さんで行っていたそうですね。

やはり伝説となる番組だけあります。

「家政婦は見た」シリーズ

「まんが日本昔ばなし」と並んで市原さんの代表作と言えるのがテレビ朝日系列の土曜ワイド劇場で放映されていた「家政婦は見た」シリーズ。

「家政婦は見た」シリーズは1983年から2008年の25年にわたって放送された

市原さんの超看板番組です。

市原悦子さん演じる石崎秋子が上流家庭に「大沢家政婦紹介所」の家政婦して派遣され、

その欺瞞ぶりを見聞し最後に自分が見聞した事柄を家族全員が集まる席であらいざらいぶちまけて、去っていくというのがおおまかなストーリーですが、本当に市原さんはこの役がはまっていましたね。

ちなみに1作目の「家政婦は見た」の主人公名は「石崎秋子」ではなく「河野信子」

勤め先は「大沢家政婦紹介所」ではなく「協栄家政婦紹介所」という設定だったらしいです。

市原さんのエピソード

市原さんは、その演技力で「岩崎加根子と渡辺美佐子と並ぶ俳優座が生んだ三大新劇女優」の1人と謳われています。

2011年、福島第一原発事故に関連して「原発ゼロをめざす7.2緊急行動」呼びかけ人を(他に湯川れい子さん、根岸季衣さんなど)と務めています。

2012年、S状結腸腫瘍手術のため、翌2013年1月に公開予定だった映画『東京家族』をクランクイン前に降板しています。なお、この時の代役は吉行和子さんが務めています。

2017年1月13日には、自己免疫性脊髄炎の加療のため休業を発表しました。

6月27日、2018年のNHK大河ドラマ『西郷どん』のナレーションで復帰することが発表されていましたが、11月22日、体調が優れないことを考慮して降板し、西田敏行さんに変更されています。

その後、2018年3月21日放送の『おやすみ日本 眠いいね!』(NHK)で仕事復帰(3月12日収録)となっていますが、この脊髄炎がそもそもの致命傷だったような気がします。

好きな男性のタイプについて、「危険な男性」(具体的には得体のしれない感じだという)、演じてみたい役について、「犯罪者」と語っていることがあったそうです。

『家政婦は見た!』の主演を務めたが、家政婦を雇ったことはないそうです。

以前、NHK「あさイチ」出演時には、放送禁止用語を連発し、司会を務める有働由美子アナが謝罪する事態となった事もあったそうですね。

まとめ

市原悦子さんがお亡くなりになりました。

また一人昭和を代表する名優がこの世を去りました。

「まんが日本昔ばなし」、「家政婦は見た」に育てられた人も多かった思います。

影響力の大きい方でした。

きっとあの世では大好きな旦那さんと幸せに過ごすことでしょうね。

ありがとうございました。

ますます遠くなる昭和の時代を憂いながらも、新しく始まる時代をたくましく、楽しく生きてましょう!

この文章を読んで頂いてありがとうございました。

Follow me!