日本ハム、台湾の大王「王柏融」、金子千尋獲得は電光石火の早業!

batter

日本ハムは7日、ポスティングシステムを利用して海外球団への移籍を目指していた台湾プロ野球、ラミゴ・モンキーズの王柏融外野手と契約合意に達したことを発表しました。

王選手は「大王」のニックネームで知られ、台湾球界では2年連続で打率4割以上をマークしたスーパースターです。

ここでは「王柏融」選手、日本ハムにスポットを当ててご紹介します。

画像 Full-Count

王柏融選手のプロフィール

  • 本名    王 柏融(ワン・ボーロン)
  • 生年月日      1993年9月9日(25歳)
  • 出身地   台湾屏東県万丹郷
  • 身長    181cm
  • 体重               90kg
  • 出身校   私立穀保高級家事商業職業学校-中国文化大学
  • 投球・打席 右投・左打
  • プロ入り  2015年ドラフト1位

「大王」のニックネームで知られる王選手は昨シーズンまで2年連続で台湾プロ野球で打率4割超をマークしていました。

打率だけでなく、本塁打、打点でもリーグトップに立ち、2年連続で3冠王に輝いています。
今オフに日本球界挑戦を目指し、ポスティングシステムを利用して、日本ハムが入札し、交渉権を得ていました。

喜びの栗山監督

栗山監督も球団を通じ

「王選手の台湾での大活躍は周知の通り、ここで私が述べるまでもありません。本当に欲しくて、どうしてもファイターズで一緒に野球がしたいと願っていた選手。
素晴らしい縁を持つことができました。王選手は、台湾の宝。今度は日本で大きな夢を実現してほしいですし、そのために我々も全力を尽くします。
打撃面での期待が大きいですが、層の厚い現外野陣を、多方面から更にレベルアップさせてくれるはず。いち早く日本の環境に馴染み、本来の力を存分に発揮してもらいます」

引用 Full-Count

と期待を込めています。

2017年に行われた侍ジャパンとの壮行試合では則本選手から特大ホームランを放つなど大活躍しています。

中田翔選手や清宮幸太郎選手と組むクリーンアップを是非、見て見たいですね。

金子千尋も日本ハム入り

台湾のスーパースター「王柏融」選手の獲得に成功した日本ハムですが

ピッチャーではオリックスの元エース金子千尋選手の獲得も発表されました。

今シーズン4勝に終わったとはいえ、まだまだ力は衰えてはいない金子選手。

やってくれそうです。

金子千尋選手のプロフィール

金子千尋 北海道日本ハムファイターズ 投手

画像 週刊ベースボール

・氏名    金子 千尋(かねこ ちひろ)

・生年月日  1983年11月8日(35歳)

・出身地   新潟県三条市(小学校4年時に長野市へ転居)

・出身校   長野商業高校

・経歴    トヨタ自動車-オリックス(2005-2018)

・身長    180cm

・体重    77kg

・投打    右投左打

長野商業高校では、2年春のセンバツに出場しましたが、2回戦で元チームメートの平野佳寿志選手がいた鳥羽高校に敗れています。

夏は長野大会で準優勝。

3年夏には2回戦で7回参考ながらノーヒットノーランを記録しましたが、準決勝で塚原星雲高校に敗れて夏の甲子園は出場できませんでした。

高校卒業後は社会人のトヨタ自動車に入社して3年目に抑えとして頭角を現して、都市対抗野球大会で好投したのがオリックス熊野スカウトの目に留まってドラフト指名となりました。

プロ入り後は2010年に最多勝、2014年には沢村賞を獲得するなど、押しも押されぬオリックスのエースとして活躍しました。

日本ハムの速攻獲得劇の秘密

今回の王選手、金子選手の獲得にあったてn日本ハムの動きはまさに”電光石火”です。

なぜこんなに素早い対応ができるのでしょうか?

これは日本ハムの球団の体質らしいです。

「日本ハムはスカウティングに定評がありますが、なんといっても補強に関しては方針にブレがない。現場が、これと決めた選手にはフロントが一丸となって徹底して動く。ドラフトでもそうですが、現場とフロントが一体化しているので、他の球団よりも動きが早いんです」

引用 J-CASTニュース

”現場とフロントの一体化”という事はドラフトなどを見てもよくわかりますね。

日本ハムはドラフトでは他のチームの動向がどうであれ、その年の評価の一番高い選手を指名します。

ダルビッシュ選手、中田選手、大谷選手、清宮選手と全くぶれていません。

今回の金子選手の獲得には

「日本ハムは条件のよい出来高を提示した他に、来年以降のメジャー挑戦を容認したのではないでしょうか。金子はかねてからメジャーへの挑戦を口にしているし、夢はまだ諦めていないと思う。なんらかの形でメジャー挑戦を容認した可能性はありますね

引用 J-CASTニュース

との見立てがあります。

いずれにせよ日本ハムの金子選手に対する評価は高かったのでしょうね。

まとめ

台湾のスーパースター王柏融選手、オリックスのエース金子千尋選手とビッグネームを電光石火の素早さで獲得した日本ハムファイターズ。

ドラフトでも甲子園を沸かせたスターたちを根こそぎ獲得しています。

来シーズンの王者奪回に向け着実に戦力の充実を図っているファイターズの今後に大いに注目です。

この文章を読んで頂いてどうもありがとうございました。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です