齋藤飛鳥は8頭身のプロポーションで今後の乃木坂を引っ張るエース!

12月9日のTBS系列「情熱大陸」今や”乃木坂のエース”と呼ばれる齋藤飛鳥さんが出演されます。

白石麻衣さんからは「今後の乃木坂を引っ張っていくのは飛鳥!」と言われる逸材です。

ここでは番組に先駆けて齋藤飛鳥さんにスポットをあててご紹介します。

齋藤飛鳥さんのプロフィール

齋藤飛鳥さんのプロフィールをご紹介します。

https://www.instagram.com/p/BpokEB8BR0C/?utm_source=ig_web_button_share_sheet

・本名   齋藤 飛鳥(さいとう あすか)

・愛称     あしゅ、あしゅりん、あすか

・生年月日   1998年8月10日(20歳)

・出身地    東京都

・血液型    O型

・デビュー   2011年

・事務所      乃木坂46合同会社

・身長   158cm

・血液型      O型

お父さんが日本人、お母さんがミャンマー人のハーフとして生まれています。

兄弟はお兄さんが2人いて、2人共名前に「鳥」の字が入るので3番目の子の飛鳥さんにも

「鳥」の字が入るようにお父さんが「飛鳥」と名付けたそうです。

2011年8月21日に乃木坂46の1期生オーディションに西野カナの「if」を歌って合格しました

オーディションは中学校の友達に教えられ、知人の勧めで応募したそうです

出身校は

齋藤飛鳥さんの出身校ですが、小学校は葛飾区立上千葉小学校、中学校は葛飾区立双葉中学校という説があります。

下町の出身ですね。

最寄りの駅は京成線の「お花茶屋」のようです。

高校は通信制高校(学校名不詳)という事です。

「CUTiE」専属モデル

https://twitter.com/nagagutsu46/status/567817945637728256

齋藤飛鳥さんは2015年2月に「CUTiE」誌初の専属モデルとなっています。

このスタイルですと当然というか他紙からも引く手あまたでしょうね。

2015年9月号をもって「CUTiE」誌が休刊することが発表されると、それに伴い「CUTiE」の専属モデルを卒業しました。

その後すぐファッション誌「sweet」のレギュラーモデルに起用されています。

2016年4月2日には、ラジオ「POP OF THE WORLD」の「HARRY’S ENGLISH CLASS」のコーナーにレギュラー出演を開始していますが、これはJ-WAVEのナビゲーターとしては史上最年少で、かつ女性アイドルグループのメンバーが務めるのは初の出来事だったという事です。

”飛ぶ鳥を落とす勢い”っていうやつですね。

写真集は凄い勢い

齋藤飛鳥さんは写真集も凄い勢いになっています。

2017年1月25日には、初のソロ写真集『潮騒』(幻冬舎)を発売しましたが

写真集は週間推定売上5万8215部を記録して2017年2月6日付のオリコン週間ランキングのBOOK総合部門、写真集部門で1位を獲得しています。

これは乃木坂46グループとして史上最高週間売上を記録し、女性ソロ写真集としては歴代2位の記録を達成しています。

さすがは8頭身で縦18センチ、頭回り50センチのアイドル界最小クラスといわれる小顔の持ち主だけありますね。

趣味は?

人気絶頂の齋藤飛鳥さんの趣味はなんでしょうか?

趣味は読書、ドラムということです。

読書は哲学、心理学に興味があるそうで、読書が好きになったきっかけは、小学校高学年の頃に休み時間にひとりで図書室に通う習慣がついたからだそうです。

インタビューの際にお薦めの本を3冊選んだそうですが、1冊目は一番好きな作家・貫井徳郎の『微笑む人』、2015年の別のインタビューでも貫井の『崩れる 結婚にまつわる八つの風景』『乱反射』をお薦めの本に挙げています。

2冊目は舞城王太郎の『世界は密室でできている。』。

3冊目はファンに教えてもらった作家・伊坂幸太郎の『アヒルと鴨のコインロッカー』。

また『砂の女』を初めて読んで安部公房が一番好きな貫井と一瞬で並んだと語っている。

中々渋いですね。

ちなみに貫井徳郎さんは1993年に失業期間に書いた『慟哭』でデビューした推理作家で、

2012年と2014年にそれぞれ直木賞候補になっています。

飛鳥さんは、小説はファンタジーやコメディより、ミステリーやサスペンスを好み、最後の解説と自身の解釈を比較して読むのだそうです。

本を選ぶにあたって「基本的には人に薦められたものは読むようにしていて」、自分で選ぶ場合は本屋で「裏表紙のあらすじ」「帯に書いてある文章」「最初と最後のページ」を読んで決めているそうです。

ドラムはライブで演奏することがあり、ギターにも興味があるそうです。

上海単独公演

9日の「情熱大陸」では乃木坂46初の「上海単独公演」に密着する内容です。

公演自体は12月1日に行われていますが、どんな裏側だったか楽しみな内容ですね。

齋藤さんは

「自分がハーフであることが、アジアの方々に興味を持っていただくきっかけになれば」

と、かなりの意気込みをみせているので頑張ったでしょうね。

まとめ

今や押しも押されぬ乃木坂46のエースに躍り出た齋藤飛鳥さん。

その8頭身という類まれなプロポーションは見るものを大いに魅了しています。

初の上海単独公演にも臆せずにかなりの意気込みで臨んでいるあたりは今後のさらなるブレイクを予感させてくれますね。

これからも楽しみですね。齋藤飛鳥さん。

「情熱大陸」が今から待ち遠しいです。

この文章を読んで頂いてありがとうございました。

 

Follow me!