血管の老化と肝臓の老化の対策は?「たけしの家庭の医学」の大胆予測

今日のテレビ朝日系列で放送予定の「名医ととつながる!たけしの家庭の医学」で取り上げる「血管の老化を止める科」と「肝臓の老化を止める科」を番組に先駆けて、管理人独自の調査を基にこの2つのテーマを大胆に予測いたします。

https://youtu.be/e5IBlvsuPtI

【血管の老化を止める科】

まずは”血管の老化”の対処法です。

番組HPでは、日本人が大好きな「冬に食べたくなる食材」とあります。

そして「イソチアシネート」を最も増やす調理法とあります。

これは一体何でしょうか?

それは「大根」だと思われます。

「イソチアシネート」は動脈硬化を予防する効果があると言われています。

そしてその「イソチアシート」を最も効果的に摂る方法が「大根おろし」だそうです。

「大根おろし」は

大根は、おろしてダメージを与えることで、辛味成分が生成されます。大根おろしを食べたときに“辛い”と感じるのは、この辛味成分である“イソチオシアネート”が関係しているのです。イソチオシアネートは、抗酸化作用が高く、活性酸素を除去する効果があるとされています。この高い抗酸化作用によって、細胞が活性化して、アンチエイジング効果が期待できるというわけです。また、消化液の分泌を促す働きもあるため、代謝があがり、血行がよくなるのでダイエット効果もあるといわれています。

引用 https://prestige.smt.docomo.ne.jp/article/45030

画像 https://prestige.smt.docomo.ne.jp/article/45030

大根おろしのポイント

大根おろしのおろし方のポイントをご紹介します。

まずは「皮のまま」、「手でおろす」事がポイントになります。

大根の皮には、毛細血管を強くするビタミンPと、大根の実の2倍以上もあるビタミンCが含まれています。よく洗って一緒にすりおろしましょう。

大根の先端部分と皮にイソチオシアネートは多く含まれているので、特に大根の先端は皮つきで大根おろしにするのがオススメです。

「手でおろす」のがなぜ良いかというと、フードプロセッサーなどでおろすと高速で粉砕するので、酵素や栄養素が破壊されてしまうのでおすすめしません。

「鬼おろし」があればベストですが普通の大根おろしでおろす場合は「大根を丸く円を描くように、ゆっくりおろす」とふわっとした仕上がりになります。

食べる直前におろす

すりおろした大根おろしは、できるだけ早めに食してください。

大根おろしのイソチオシアネートとビタミンCは、放置すると破壊されてしまうので、食べる直前におろしたほうが良いです。

大根をおろすときに汁を捨てる人が多いと思いますが、イソチオシアネートは汁にも含まれているので、ぜひその汁も使ってください。

また、大根は葉付きで購入しましょう。

大根の葉には、カロテン・ビタミンC・カルシウム・食物繊維が豊富に含まれているので、大根全体の栄養を味わうと良いでしょう。

大根おろしにはレモン汁、橙、かぼすなどの柑橘系の汁を垂らして召し上がって下さい。

「イソチアシアネート」の吸収力が高まります。

【肝臓の老化を止める科】

番組のHPには”冬に取れる北海道でお馴染みのあの食材”とあります。

キーワードは”北海道”、”冬”、”肝臓”です。

調べました。

すると「ゆきぴりか」という大豆にたどりつきました。

「ゆきぴりか」は寒さに強いというイメージの「ゆき」と、アイヌ語で「美しい」を意味する「ぴりか」を組み合わせて命名された北海道の大豆品種です。

しかし、番組では「大豆製品全般」が脂肪肝に効果アリと言っていました。

「ゆきぴりか」の最大の特長は、体に良いとされるイソフラボン含量が非常に高いということです。

番組ではイソフラボンではなく「FGF21」というホルモンが大事と紹介されていました。

そのため「ゆきぴりか」に限らず「大豆製品」を積極的に摂るようにしましょう。

味噌になると変化する「イソフラボン」

この「イソフラボン」ですが味噌になると

大豆の主要なイソフラボンである配糖体構造のイソフラボンは そのままでは腸内吸収されません。吸収されるためには腸内細菌などによって、糖が外れた構造のイソフラボン(アグリコン)に変換される必要があるのです。 実は、味噌は発酵過程で麹の働きにより、イソフラボン配糖体の数十パーセントがアグリコンに変換されることが知られています。

引用 北海道味噌醤油工業協同組合

このような理由で「ゆきぴりか」を味噌汁で食べるのが良いようです。

 

「味噌汁 画像」の画像検索結果

画像 楽天レシピ

味噌汁には肝臓の働きを助けるアミノ酸やミネラルが含まれます。

また、汁ものですので、脱水症状を助ける水分や塩分も一緒に摂ることが出来ます。

この味噌汁を「ゆきぴりか」で作った味噌で摂ったら、これは体に良いに決まっています。

ということで肝臓の老化を止めるには

「ゆきぴりか味噌の味噌汁」ということになりますね。

これだけではなく「ゆきぴりか」の煮豆をミキサーにかけて味噌汁と一緒に煮込む「呉汁」。

これも紹介されていました。

まとめ

血管と肝臓の老化防止というテーマの「たけしの家庭の医学」。

管理人の調査では「大根おろし」と「ゆきぴりか味噌の味噌汁」という結論になりました。

番組で実際に紹介された内容と違う場合は随時加筆、修正を加えていきますので

何卒、ご理解、ご了承ください。

宜しくお願い致します。

この文章を読んで頂いてありがとうございました。

 

 

Follow me!