箱根駅伝は6区で決まる?山下りの神は誰だ。各校エントリー選手予測

hakoneekidenn

全国大学駅伝も青学大の優勝で幕を閉じました。

大学駅伝も残るは箱根駅伝のみ。

箱根の焦点は青学大の”5連覇”ならびに”今シーズン3冠”なるかに絞られてきました。

青学大以外の各校も今度こそ打倒青学大に向け躍起になっている事でしょう。

箱根駅伝の勝者を予測するのに面白い傾向がある事がわかりました。

それは”6区を制する者箱根を制す”という事。

ここでは箱根駅伝6区にスポットをあててご紹介致します。

6区を制すもの箱根を制す

「箱根駅伝 6区 画像」の画像検索結果

画像 毎日新聞

なぜ6区が重要なポイントなのでしょうか?

例えば、今シーズンも優勝候補の筆頭に挙がる青学大を例に見てみると

初優勝した第91回大会は神野大地選手の大活躍で5区でも区間賞を獲って

そのまま優勝へと突っ走りましたが

実はその後の3大会での区間成績は2位→8位→5位と5区はそれほど圧倒的な強さを見せているわけではないのです。

むしろ神野選手が抜けた後の直近2大会を見れば、優勝チームとしては大した成績ではありません。

一方で山下りの6区では91回大会以降、区間1位と2位以外は獲っていません。

しかも、いずれも区間記録に迫る、もしくは上回るような好走を見せて、後続チームに1分近い大差をつけています。

東洋大が往路優勝した前回大会も、原晋監督は往路終了時点で

「この差なら6区で間違いなく逆転できる」

と豪語していましたね。

その言葉通りにあっさり逆転してみせました。

見事な走りっぷりでした。これでムードが青学のものになりましたね。

早稲田大から33秒リードで復路に入った前々回大会も、6区でライバルを大きく突き離して

青学大ペースを完全に作りました。

往路が終わった時点では「今年はいけるのでは」と思った東洋大、早稲田大に引導を渡したのは、山下りで生まれた大きな差だったんです。

6区は2日目のスタート区間

もうひとつ6区が重要となる理由が、2日目の“スタート区間”であるということです。

往路で良い流れを作ったチームは、そのままの良い流れを6区で維持できれば

グッと流れに乗れますし、一方で、初日がイマイチだったチームは、6区で流れを引き戻すと

これまたグッと流れを引き寄せられます。

復路におけるそのチームのムードを作り出すのが山下り6区なんです。

例えば第92回大会、93回大会の6区で連続区間新記録をマークした日体大の秋山清仁選手は、

いずれも13位だったチームの順位を一気に7位まで引き上げて、

日体大のシード権獲得に大きな影響を与えました。

かつては「下りの6区は差がつきにくい」と言われていたそうですが

ここ数年の大会では区間1位と最下位の間に5分以上もの大差がついているのが6区なのです。

そのため近年は、山下りの6区が大きなポイントになってきているんです。

まさに”6区を制すもの箱根を制す”のです。

今回の箱根駅伝6区のヒーロー候補は?

それでは今回の箱根駅伝6区のヒーローとなるのはどの選手でしょうか?

有力校を中心にご紹介します。

青学大 小野田 勇次 4年 豊川高校出身

「小野田勇次 画像」の画像検索結果

優勝候補の筆頭・青学大の小野田勇次(4年)。

小野田選手は1年生から山下りを務め続け、区間2位と1位以外獲ったことがないという抜群の安定感を誇る6区のスペシャリスト。

今大会も間違いなく6区にエントリーされるものと思われます。

圧倒的な経験と実績を誇ります。

【プロフィール】

小野田 勇次(おのだ ゆうじ)経営学部経済学科4年在学中。

愛知県出身

趣味はボウリング

東海大 中島 怜利 3年 倉敷高校出身

3年生の同級生に黄金世代が揃う東海大にあって、

新入生の頃から「僕には箱根しか注目を浴びるチャンスがない」と言うほど

箱根に並々ならぬ勢いで臨むのは中島怜利選手。

1年生の時から6区を走り1年生では59分56秒だったタイムを

昨年は58分36秒と一気に1分20秒も短縮し順位も9位から5位に引き上げました。

今年は大いに注目です。

【プロフィール】

中島 怜利(なかじま れいり) 体育学部3年

兵庫県出身

NIKEの厚底シューズで頑張ります。

https://twitter.com/1107Reiri/status/1040561939917619203

東洋大 今西 駿介 3年 小林高校出身

昨年、1位スタートながら青学大小野田選手に抜かれ2位に後退した今西選手。

今年は並々ならぬ覚悟で臨んでくるでしょう。

昨年はインタビューで

「全然つけねー、レベルが違げーー、人間じゃねえ、あれ(小野田)」

と発して話題になりましたが今年は立場が逆になって欲しいものですね。

【プロフィール】

今西 駿介(いまにし しゅんすけ)経済学部3年

宮崎県出身

趣味は温泉旅行

法政大 佐藤 敏也 3年 愛知高校出身

佐藤選手は一昨年、昨年と6区を走り2年連続区間3位に輝いています。

山下りにはかなりの自信をもって臨んでくると思われますので

あなどれない存在です。

【プロフィール】

佐藤 敏也(さとう としや)社会学部

愛知県出身

中央学院大 樋口 陸 4年 武蔵生越高校出身

樋口選手も1年生の時からずっと6区を任されている選手です。

前回は区間6位でしたが、1年生時3位、2年生次は5位と安定した走りを見せています。

最終学年となる今回こそは4年生として小野田選手への意地も見せてくれるのではと

期待が持たれる選手です。

【プロフィール】

樋口 陸(ひぐち りく)法学部

群馬県出身

ミズノ社のシューズで頑張ります。

https://twitter.com/Emperor_riku/status/1014479521167228928

まとめ

毎年熾烈な戦いで胸を打つ箱根駅伝。

その箱根駅伝まで2カ月を切った今、出場各校は最後の調整へ余念がないと思います。

従来箱根駅伝では「花の2区」や「山登りの5区」がポイントと言われてきましたが

昨今では”6区を制すもの箱根を制す”と言っても過言ではないほど

6区の重要性が高まっています。

6区で区間記録を持つ日体大OBの秋山清仁氏は、山下りの極意について

何より前傾姿勢が重要です。下りになるとどうしても体が後ろに反ってしまいがちですが、そうなるとブレーキがかかってしまう。
体をできるだけ前に倒して、胸を張る意識で走るとスムーズに進んで行きます。下りで前傾姿勢をとると当然、スピードは出ますが、そこで怖がらずに“ノッて”いくのが大事なんだと思います

こう語っています。

怖がらずに”ノッて”いって6区を制して欲しいですね。

神奈川 箱根 芦ノ湖 駅伝 ランナー マラソン 青空 空 そら 青 あお 雲 夏 初夏 晴れ 日差し 銅像 観光 旅行

この文章を読んで頂いてありがとうございました。

Follow me!

PAGE TOP