塩尻和也が凄い!中谷雄飛はスーパールーキー!大学駅伝注目選手は!

ekiden

全日本大学駅伝が昨日4日行われました。

11:56現在7区を走行中で、たった今青山学院の森田選手が

東海大学を振り切り単独首位に立っています。

青学は強いですね。

このまま突っ走りそうな勢いです。

このまま突っ走り2年ぶりの優勝を飾りました。

この全国大学駅伝でもの凄い走りをする選手がいました。

順天堂大学の塩尻和也選手と早稲田大学の中谷雄飛選手です。

この2選手を中心に今年の大学駅伝で注目されそうな選手をクローズアップして

ご紹介致します。

大学No.1 順天堂大学 塩尻和也(4年)

Kazuya Shiojiri Rio 2016.jpg

画像 Wikipedia

ご存知リオデジャネイロオリンピック3000m障害出場の学生陸上界のスーパースター。

オリンピック以降は3000m障害以外に5000m、10000mとトラック長距離にも進出しています。

特に今年、4年生になってから好調で日本陸上競技選手権大会では3000m障害に、

当時日本歴代8位となる8分29秒14の自己ベストで優勝。

10月13日の第95回箱根駅伝予選会では、本年からハーフマラソンとなった同予選会で2位、

日本人では1位となり順天堂大学の2位予選会通過に貢献しています。

この予選会では自身のハーフマラソン記録を更新しています。

今日の全国大学駅伝でもぶっちぎりの走りをしています。

・生年月日 1996年11月8日

・出身地  群馬県伊勢崎市

・出身校  群馬県立伊勢崎清明高校

スーパールーキー 早稲田大学 中谷雄飛(1年)

画像 https://www.高校野球.online

入学時より”スーパールーキー”として鳴り物入りで入学した中谷雄飛選手。

本日の大学駅伝でも1年生とは思えない走りっぷりでした。

昨年の全国高校駅伝では区間1区で区間賞を取り佐久長聖高校の優勝に貢献しています。

翌年の都道府県対抗男子駅伝でも5区区間賞を取り長野県の2位入賞に貢献しています。

出雲駅伝では3区を走り区間4位になっています。

箱根での走りが楽しみなスーパールーキーです。

・生年月日 1999年6月11日

・出身地  長野県

・出身校  佐久長聖高校(長野)

他校の注目選手は?

塩尻選手、中谷選手以外に注目されそうな選手は誰でしょう?

各校毎にピックアップしてみました。

青山学院大学 森田歩希(もりたほまれ)(4年)

常勝青山学院大学の今シーズンのキャプテンを務める森田選手。

2018年の第94回箱根駅伝では花の2区を走り、

前回この区間で区間賞を走った神奈川大学の鈴木健吾選手らを抑えて

日本人歴代6位の1時間7分15秒のタイムで区間賞を獲得しています。

お父さんは國學院大學陸上部の監督だった森田桂さんです。

高校時代は全国高校駅伝の出場はありませんが努力でここまで来た選手です。

・生年月日  1996年6月29日

・出身地   茨城県守谷市

・出身校   茨城県立竜ケ崎第一高校

東洋大学 西山和弥(2年)

今年1月の箱根駅伝では1区を任され唯一の1年生でありながら区間賞を獲得しました。

https://twitter.com/kyo07_12ya/status/948861523899764737

同じく今年行われた全国都道府県対抗男子駅伝では区間2位、

全日本クロスカントリー競争では日本人最高となる2位になっています。

・生年月日 1998年11月5日

・出身地  群馬県伊勢崎市(順大塩尻選手と同郷)

・出身校  東京農大第二高校(群馬)

東海大学 關颯人(せきはやと)(3年)

東海大学”黄金世代”の中心選手。

中学時代から全国レベルで活躍した、世代では超有名選手。

佐久長聖高校3年時に全国高校駅伝のエース区間1区で区間賞を獲得。

高校卒業後、しのぎを削った羽生拓矢選手や鬼塚翔太選手らとともに東海大学に進学

1年生から日本学生個人選手権5000mで優勝、U20世界選手権10000mに日本代表として出場するなど大活躍しています。

同年の出雲駅伝では、各校のエースが集う3区で見事区間賞を獲得し、鮮烈な大学駅伝デビューを果たしました。

・生年月日 1997年4月11日

・出身地  長野県茅野市

・出身校  佐久長聖高校(長野)

駒澤大学 片西景(かたにしけい)(4年)

名門駒澤大学の今年度のキャプテンです。

https://twitter.com/autum0117/status/1058869056424431616

片西選手は2017年に行われた台北ユニバシアードハーフマラソンで優勝しています。

キャプテンを務める駒澤大学は今年1月の箱根駅伝では12位と惨敗し、

予選会からさんかしましたが、予選会では断トツの走りで他校を寄せ付けず箱根本選の出場を決めました。

昨年の悔しさを知っている名門駒澤大学は侮れないです。

・生年月日  1997年3月18日

・出身地   東京都国立市

・出身校   昭和第一学園高校(東京)

まとめ

速報です。

全日本学生駅伝は1位青山学院大、2位東海大学、3位東洋大学、4位駒澤大学、5位帝京大学となりました。

青学大は強いですね。これで出雲と合わせて2冠です。

先程テレビのインタビューで青学大原監督は「箱根を制して3冠をとる」と宣言しました。

他のチームも黙って見過ごしてはいないでしょう。

今日紹介した選手を中心に、巻き返しを図るに違いないです。

益々目の離せない大学駅伝です。

この文章を読んで頂いてありがとうございました。

 

Follow me!