巨人原監督、宮本新コーチが絶賛!高田萌生が楽天移籍!交換選手は?

以前この記事で取り上げさせていただいた
巨人高田萌生投手(22)と楽天高梨雄平選手(28)
交換トレード発表されましたことをお知らせします。

詳細は改めてアップデートしますが
お二人の新天地の活躍をこころから期待したものです。

以下からは2018.11.2記事の内容です。

プロ野球は今日本シリーズ真っ只中ですが

日本シリーズに出られないチームは秋季キャンプの真っ最中です。

→18日に宮崎キャンプは打ち上げましたが

原辰徳監督(60)が「並じゃない」と最も期待を寄せたのが、来季3年目の最速154キロ右腕・高田萌生(20)だ。

引用 東スポweb

原監督が復帰した巨人は宮崎で秋季キャンプを張っています。

この宮崎キャンプで新任の宮本和知コーチが絶賛しているのが

入団2年目の高田萌生投手(20)。

巨人・宮本コーチが高田を大絶賛「大発見です」

引用 SANSPO.COM

 

高田萌生投手はどんな人なんでしょうか?

スポットをあててみました。

高田萌生投手のプロフィール

 

・本名   高田 萌生(たかた ほうせい)

・出身地    岡山県新見市

・生年月日   1998年7月4日(20歳)

・身長   178cm

・体重   75kg

・出身校   創志学園高等学校

・ポジション 投手

・プロ入り  2016年 ドラフト5位

・年俸    520万円(2018年)

・背番号  53

右投げ右打ち

高田選手は中学校は高知の名門明徳義塾中学です。

高校から地元岡山の創志学園に進学して、3年生の春、夏連続で

甲子園出場を果たしています。

成績は春は一回戦で敦賀気比高校に敗れ、夏も初戦で盛岡大附属高校に敗れています。

夏の大会では152kmのストレートを投げ込み、

その投球フォームも相まって「松坂2世」と呼ばれました。

高まる評価

「松坂2世」と呼ばれた高田投手。

このキャンプでは評価がうなぎのぼりです。

ブレークのきっかけは今年1軍デビューした際の中日戦での6失点なのだそうです。

岡山・創志学園高から入団2年目の今季は、開幕から2軍で先発ローテとして回り、7月29日の中日戦(東京D)でプロ初登板初先発して1軍デビュー。だが、初回先頭の京田から亀沢、大島といきなり3連打を浴び、4失点。続く2回も2四球が絡んで2失点し、2回6安打6失点で敗戦投手となり、これが今季唯一の1軍登板となった。

 「自分としてはいつもと変わらないつもりで投げていたのですが、どこかで置きにいっていたというか、自滅したくないというのがあったんだと思います。大胆にいくことが大事だなと思いました。上(1軍)で勝つためには何が必要か、今まで見えていなかったものが見えました。自分の持ち味は真っすぐの強さ。もう一段階ピッチングのレベルを上げないと1軍では勝てないなと2軍では圧倒するぐらいじゃないと上では通用しない、という気持ちでシーズン後半はやってきました」

引用 スポーツ報知

この6失点で持ち前のストレートに磨きをかける覚悟ができたのですね。

この後2軍に落ちてから獅子奮迅の活躍をして

最終的にはファーム成績は11勝2敗、防御率2.69。

最多勝と最優秀防御率を獲得しています。

そして秋季宮崎キャンプ。

宮本新コーチのコメントです。

「いい球が1つある投手は結構いるけど、3つ、4つある投手はなかなかいない。ベテラン、中堅勢を脅かす投手が出てきた。大発見です」と顔がほころんだ。

引用 SANSPO.COM

期待の若手が出てきたのはいい事ですね。

コーチも教えがいがあるってもんですね。

高田投手のライバルは?

巨人期待の若手に躍り出た高田投手ですが

ライバルになるような同期の選手は誰でしょうか?

今井達也投手(西武)

高田投手も出場した2016年夏の甲子園の優勝投手。

今シーズンは1軍ローテンションに入って5勝5敗の成績を残して

西武のリーグ優勝に貢献しています。

藤平尚真投手(楽天)

「藤平尚真 写真」の画像検索結果

横浜高校からドラフト1位で入団した藤平投手。

1年目のシーズンから1軍デビューして、

2年目の今シーズンは4勝7敗でプロ初完投勝利もあげています。

寺島成輝投手(ヤクルト)

ドラフト1位でヤクルトに入団しています。

1年目、2年目共に1試合の1軍出場で今シーズンんは0勝1敗です。

まだ1軍での勝利はあげていないです。

高橋昂也投手(広島)

高橋昂也 広島東洋カープ 投手

花咲徳栄高校のエースとして活躍してドラフト2位で広島に入団した高橋投手。

2年目の今年1軍昇格して初勝利をあげています。

今シーズンの成績は1勝2敗です。

高田選手以外のG期待の若手は?

高田選手以外のジャイアンツの期待の若手は誰でしょうか?

見てみましょう。

田中俊太選手

田中俊太 読売ジャイアンツ 内野手

広島カープ田中広輔選手の弟さんで、東海大相模ー東海大ー日立製作所を経て

2017年のドラフト5位で入団しています。

今シーズン後半はセカンドのスタメンとして起用されることも多く

来シーズンの飛躍が期待されています。

和田恋選手

和田恋 読売ジャイアンツ 外野手

1995年9月26日生まれの23歳の選手です。

長打力に定評があり今年初めて1軍昇格を果たしました。

初ヒットも放っています。

まとめ

巨人期待の若手として一躍名乗りでた高田萌生投手。

ダイナミックなフォームから松坂2世と呼ばれ、新任の宮本コーチも熱視線を送っています。

ライバルと言われる同期の4選手は既に1軍デビューを果たしているので

高田投手には頑張って是非来季の1軍昇格を果たして欲しいですね。

大いに期待しましょう。

この文章を読んで頂いてありがとうございました。

 

Follow me!