日本ハムドラフト続々甲子園組指名!長靴ラン吉田輝星は入団発表へ!

2018プロ野球ドラフト会議の話題です。

注目の大阪桐蔭根尾選手は中日、日本ハム、巨人、ヤクルトが指名して

与田新監督の中日がが見事交渉権、

同じく大阪桐蔭の藤原選手は楽天、阪神、ロッテが1位指名した中で

ロッテが交渉権を獲得。

報徳学園の小園選手はDeNA、オリックス、ソフトバンク、広島が指名して

広島が交渉権を獲得しました。

注目の金足農の吉田輝星投手は日本ハムが1位で指名しました。

今年は高校生に逸材が多かったせいか重複しましたね。

入団発表

11月23日に入団記者会見が札幌市内で行われました。

晴れて日本ハムの一員となった吉田投手です。

質疑応答の抜粋です。

-日本ハムのユニホームに袖を通した感想は

「ドラフト会議の日から何日かたってきて、プロ野球選手になるという自覚が、だいぶ芽生えてきたのですが、やっぱりユニホームを着て、その自覚が強くなりました」

-プロ野球選手としての目標、目標の選手は

「自分が思っている理想のピッチャーをできるだけ早く完成させて、その状態で長いシーズンを過ごしたいなと思います。目標とする選手はファイターズの中心選手である中田翔選手であったりとか、そういうチームを引っ張る人間になりたいなと思います

引用 日刊スポーツ

堂々とした記者会見だったようです。

背番号は「18」です。期待の高さが伺えます。

各チームのドラフト1位

日本ハムに甲子園のスターがずらり

今年のドラフトで目に付いたのが日本ハム。

指名選手に甲子園を沸かせたスター選手がずらりと揃っています。

甲子園組を見てみましょう。

1位 吉田輝星投手

今年の夏の甲子園の活躍で一躍ヒーローとなった吉田投手。

甲子園で881球投げた鉄腕ですが

日本ハムではじっくりと鍛えて1軍に上がってきて欲しいですね。

契約情報

→11月15日仮契約の予定です。

栗山監督、輝星に長靴ラン継続指令 効果絶大の雪道トレ「しっかり続けて」

「雪道長靴ランニング」の継続を希望。高校生離れした強じんな下半身にさらに磨きをかけた状態で来年1月の新人合同自主トレで再会することを心待ちにしている。

11月14日スポニチアネックスより引用

下の写真は金足農野球部の冬のトレーニング風景です。

画像 秋田県立田沢湖スポーツセンター

仮契約した場所である道の駅SELIONでは吉田投手のサインが展示され大賑わいだそうです。

11/15(木)当施設にて、吉田輝星投手北海道日本ハムファイターズとの仮契約が行われました!
秋田で輝く星にもっとも近い場所としてセリオンを選んでいただけたそうです。

また3F展望ホールの窓に、吉田投手からサインを書いていただきました。
ぜひご覧下さい。

期間  2018/11/16(金)~
時間  9:00~21:00
場所  セリオン3F 展望ホール ※入場料は無料です

 

ポートタワーセリオン 基本情報

http://www.selion-akita.com/facility/

2位 野村佑希選手

花咲徳栄高校のエースで4番として活躍しました。

今年の春まではキャプテンも務めていました。

甲子園では2試合連続ホームランを打つなど

打者として評価の高い選手です。

今年は2回戦で横浜高校に惜敗しましたが

昨年もレギュラーとして出場していて花咲徳栄高校の全国制覇に貢献しました。

群馬県伊勢崎市出身。

4位 万波中正選手

画像 https://www.高校野球.online

身長190cm、体重87kgの恵まれた体で身体能力は抜群。

中学生の時に砲丸投げで全国大会ベスト4になっています。

横浜高校では1年夏からベンチ入りしています。

登録は外野手ですがピッチャーとしても

140キロ台中盤のボールを投げます。

とにかく規格外の選手です。

5位 柿木蓮選手

ご存知今年の春夏の甲子園を制した大阪桐蔭のエースです。

日本ハムには今年の夏の甲子園の優勝、準優勝投手が入団することになります。

柿木君は5位指名という事で吉田君にドラフトでは差をつけられました。

多分かなり悔しいと思っているはずなので

プロに入ってから吉田君以上に頑張るでしょうね。

ちなみに柿木選手は佐賀県多久市の出身です。

日本ハムは高校生を育てるのがうまい

日本ハムは過去にもダルビッシュ選手、中田翔選手、大谷翔平選手、清宮幸太郎選手など

高校のスター選手をドラフトで獲得して見事に育て上げています。

解説者の金村義明さんは去年清宮選手が指名された時にこう言ってます。

「誰が見ても、清宮くんにとって日本ハムは最高のチームでしょう。大谷翔平を育てた経験値で、『スーパースター』の扱い方は心得ているし、フロントにも栗山英樹監督にも、腰を据えて若手を育てる『胆力』がある

彼が常々公言しているメジャー挑戦にも理解がありますから、ベスト・オブ・ベストです」

引用 週刊現代

栗山監督の「胆力」とはどういう事なんでしょうか?

栗山監督の育成法

栗山監督の育成の基本はとにかく「いじらない」こと。

このことは球団関係者も全て一致しています。

これが「胆力」という事なんでしょうね。

この「胆力」が大いに発揮されたのは大谷翔平選手の「二刀流」なのではないでしょうか?

栗山監督は語っています。

「二刀流をはじめたとき、確かに翔平に対する視線は厳しかった。でも、僕はどこまでも翔平の可能性を信じていた。若者が大きな夢に向かって進むのを、我々としては何とか手助けしてやりたいという思いがありました」

引用 https://gendai.ismedia.jp/

「信じる」ということも「胆力」と共に重要なことなんですね。

それが選手を大きく育てるんでしょう。

その他の注目選手は?

その他の注目の選手はどうだったんでしょうか?

中川圭太選手(東洋大)

東洋大のキャプテン中川圭太選手はオリックスの7位で指名されました。

晴れて「PL学園出身最後のプロ野球選手」になるでしょう。

渡辺佳明選手(明治大)

横浜高校の前監督、渡辺元智さんのお孫さんの佳明選手は楽天の6位で指名されました。

渡辺前監督もテレビで思わず涙ぐんでいましたね。

平尾奎太選手(Honda鈴鹿)

大阪桐蔭時代藤浪、澤田と同期の平尾奎太選手。

将来を嘱望されていましたが「Iga腎症」で大学時代は丸2年を治療に充て完治し

社会人で活躍してドラフト候補になりましたが

今回の指名は見送られました

来年ドラフトにかかるように頑張って欲しいですね。

横川凱選手(大阪桐蔭)

今年の甲子園では背番号「10」を付け1試合に先発した左ピッチャーです。

巨人に4位で指名されました。

大阪桐蔭はプロ志望届を提出した4選手(根尾、藤原、柿木、横川)が全て指名されました

これは2001年の日大三高以来17年ぶりということです。

4人も同時にプロ入り選手が出るのですから強いわけですね。

まとめ

ドラフト会議が終わりました。

今年も悲喜こもごもありましたね。

甲子園スター選手を中心に指名した日本ハムは

栗山監督とフロント一体となった育成で

高卒選手を大きく伸ばしていきます。

育成には信念が必要ですね。

日本ハムに限らず新たにプロ野球に身を投じる選手は

プロ野球に入った喜びを忘れず人間としても

大きく成長して欲しいですね。

期待しています。

この文章を読んで頂いてありがとうございました。

 

 

Follow me!