「AbemaTV]はTBS,フジより人気。躍進の理由は?

tv

今、「AbemaTV」の勢いが凄いです。

J-CASTニュースが実施した「好きなTV局」アンケートで

TBS,フジを抑えて8局中5位と大健闘です。

ちなみに1位はテレビ東京、2位NHK、3位日テレ、4位テレ朝、

5位「AbemaTV」、6位Eテレ、7位TBS、8位フジの順になっています。

やりたいことがやれる「AbemaTV」

「AbemaTV」躍進の理由は、地上波よりも規制が少ないため

「やりたいことがやれる」

制作側が思い切った企画を打てるところにあります。

つい最近では俳優の田中圭さんが生出演する

『田中圭24時間テレビ~24時間でドラマはできるのか!?~』が、

12月15日に放送されることが発表されました。

田中圭さんは「今、最も勢いがある」と言われています。

そのため、これまで地上波の番組以外は積極的に取り上げなかったテレビ誌が

特集を組むなどして、話題を集めています。

田中圭

少し前には

・亀田大毅に勝ったら1000万円(2018年1月1日放送)
これは元プロボクサー亀田大毅にボクシングで勝利すれば賞金1000万円を獲得できるという内容。

・朝青龍を押し出したら1000万円(2017年12月31日放送)
元横綱朝青龍と相撲を行い、押し出したら賞金1000万円を獲得できるという内容です。

朝青龍を押し出したら1000万円
・72時間ホンネテレビ(2017年11月2~5日放送)

元SMAPメンバーの香取慎吾、草彅剛、稲垣吾郎が72時間の生放送に挑戦した番組。

以上のような話題を集めた番組がありました。

「72時間ホンネテレビ」はSNSやYouTubeなど、

ネット上のサービスを最大限に活かした様々な企画が話題を呼んで、

Twitterの世界トレンドで1位を記録

累計視聴者数はAbemaTV史上最多の7400万を記録しました。

世界トレンドの1位とは本当にすごい事ですね。

バラエティーに強い「AbemaTV」

「AbemaTV」はバラエティーに強いことで知られています。

制作の中心となる総合プロデューサーにはサイバーエージェントの藤田晋社長、

そして「アメトーーク」や「ロンドンハーツ」など

テレビ朝日の看板バラエティのプロデューサー宮本博行氏が担当しています。

テレビ好きとしては「名前を知らない人はいない」と言われている

宮本氏が担当するのですから面白くない訳がありません。

BPOや放送規制がかからないネットという環境をフル活用していますので

少しハードめのバラエティになっているので

コアな視聴者層の10代、20代に「馬鹿ヤッてんなぁ」という感じで受けています。

制作費もキー局と変わらず

インターネットTVということで製作費などは安く抑えている印象の「AbemaTV」。

3年前の開局当初は確かに安かったそうですが

現在ではキー局と変わらないどころか目玉番組になるとキー局以上の

予算が投入されるそうです。

しかもネット局ならではの攻めた企画ができるので、

鈴木おさむさん(森三中の大島美幸さんの旦那さん)などの有名放送作家たちが

Abemaに流れてきています。

鈴木さんはは同局のオリジナルドラマの脚本を書き、

お笑い芸人「ロバート」のバラエティ番組では構成を担当してかつ、

出演者としても登場するなど、関係がかなり深いそうです。

「鈴木さんがAbemaに本格参戦したのは、民放のしがらみに嫌気がさしたから」と語るのはキー局スタッフだ。

という声もあります。

やはりキー局だとやりたい事ができないんですね。

ここら辺は一般企業と同じですね。

Hulu,NetFlixと比較すると

勢いのある「AbemaTV」ですがHuluやNetflixなどの有料VODで比較すると

どうなんでしょうか。

AbemaTVはラジオのようなチャンネル配信なので、

ドラマやアニメ洋画や邦画など様々なジャンルを24時間放送しています。

ラジオなんかでよくある休止中というのが無いため、

いつどの時間帯に開いても何かしらの動画を楽しむことが可能です。

ただ基本的には同じ動画を繰り返し放送しているだけですので、

頻繁に使っていると目新しさが徐々になくなってくるという弱点があります。

好きな動画を見るサービスというよりは、

好きなジャンルの動画を適当に見る感じのサービスという印象です。

通常の無料プランの場合はVOD配信はありませんが

VODのような配信形式にする場合は「プレミアムプラン」960円/月に

加入することになります。

基本的な動画の質・量を他のHulu、NetFlixと比較するとかなり弱い印象があります。

あくまでも「無料のインターネットテレビ」としての利用がおすすめです

 

まとめ

現在凄い勢いで人気を集めているインターネットTV「AbemaTV」。

キー局とは違い制約が少なく、やりたい事ができる事が「制作者」の

ハートを掴んだ事が躍進のポイントだったんですね。

制作費もキー局同等、もしくは同等以上のコンテンツもあるという事ですから

今後ますます面白い番組が増えそうですね。

期待大です。

また、VOD配信はオプションで対応しているものの

Hulu,NetFlixと比べるとイマイチという事ですから

無料インターネットTVとして楽しむのが良いですね。

今後の「AbemaTV」に大いに期待しましょう!

この文章を読んで頂いてありがとうございました。

 

 

 

 

Follow me!