『大恋愛』の若年性認知症。症状は、対策は、どんな人が?

TBSドラマ『大恋愛』も2話が終わりました。

戸田恵梨香さんとムロツヨシさんの関係性なかなかいいですね。

ムロツヨシさん演じる真司がドラマの最後に

「それでも一緒にいたいんだ」

「最後にどんな病気になっても構わない、たとえ歯周病でも水虫でも」と

言うくだりは少し笑えましたが「ジーン」ときました。

第3話も楽しみです。

若年性認知症の初期症状は?

さてこのドラマで戸田恵梨香さん演じる尚が

かかってしまう「若年性認知症」。

この場合の「若年」とは65歳以前に発症するのを

「若年性認知症」と呼んでいるとの事です。

「若年性認知症」は50代~60代の発症がおおいそうなんですが

ドラマの尚はまだ30代前半。

可哀想ですね。

一般にどんな症状がでてきたら認知症を疑うべきなのでしょうか。

記憶障害、見当識障害

ここで言う記憶障害とは「物忘れ」とは違います。

大事な予定や約束を忘れてしまうことや、忘れた事を指摘されても、

予定を組んだ事自体を忘れてしまうのが記憶障害です

物忘れは予定自体は覚えているが「誰に合うのかをれ忘れる」といった

「一部分を忘れる」のが物忘れと言われています。

また今日の日付や、自分がいる場所がわからなくなる「見当識障害」が起こります。

そのため、書類などに日付を書こうとしても書けない、

よく出かける場所で迷子になるといったことが度重なり、おかしいと気付くことになります。

判断力の低下

判断力の低下は『大恋愛』のドラマの中でもあったように

同じものを何度も買ってしまうとか

野菜をたくさん買ってきたのに野菜を使わない料理を作ったりとか

社会的判断がつかなくなるような症状が現れます。

ドラマの中で尚の認知症が疑われたのも

この判断力の低下が見られたからでした。

人目を避けるようになる

人目を避けるようになってきたら要注意です。

また、部屋に閉じこもったり、会話が少なくなったり、

積極的な行動をしなくなることも初期の症状と言えるでしょう。

おそらく、どこかで、自分の能力が侵されていく事に気づき、

それを他人に知られないように努めているのかもしれません。

同時に、その人の得意なこと、趣味や興味に関心が持てなくなります。

また、化粧をしなくなったり、身だしなみを整えなかったりなどの

特徴も現れて来ますので、これも注意が必要です。

認知症とうつ病の違い

初期の段階では「うつ病」と診断されることが多い「若年性認知症」ですが

うつ病との違いはどんなところでしょうか?

うつ病は、気力の低下、取り巻くすべてのことに対する不安や焦りにかられるのが特徴です。

それに対して認知症は、記憶が失われていくことと、

記憶が失われることへの不安や焦りを抱くのが特徴です。

うつ病にも記憶障害は見られますが、認知症が最近の記憶が丸ごと失われやすいのに対し、

うつ病は忘れたい記憶を忘れる傾向もあるそうです。

いずれにせよ、この2つは似た部分が多く、専門家でも判断が難しいといわれのが事実です。

そのため、「何かおかしいな」と感じたら、

すぐに認知症治療を専門とする病院に相談するのが良いでしょう。

どんな人がなりやすい?

「若年性認知症」になりやすい人はいるのでしょうか?

実はなりやすい性格というのはあるそうです。

認知症になりやすい性格

認知症になりやすい人の特徴として

  • 協調性がない
  • イライラしやすい
  • 気にしやすい

以上の3点があげられます。

このうち「協調性がない」という点については

協調性がない事からくる「社会的孤立」が一番の要因と言えます。

「イライラしやすい」、「気にしやすい」という人については

ストレスを溜めやすいので「ストレス」が

発症に大きく関係していると言えるでしょう。

認知症になりにくい人

一方で認知症になりにくい性格というのも存在します。

認知症になりにくい性格は

ズバリ「誠実な人」です。

誠実な人は責任感、自制心、勤勉性を備えているため

  • 素直
  • 物事を熱心やり遂げる
  • 協調性がある
  • チャレンジ精神
  • 活動的

などの特徴があるため「社会的孤立」をすることがなく

認知症予防のための食事、運動などを継続して実行するため

認知症になりにくいという事が言えます。

なので誠実に生きることを心がけましょう。

認知症予防のために

「若年性認知症」、とりわけ「若年性アルツハイマー」には

これといった治療薬がないのが現状です。

そのため認知症予防のためには

生活習慣を見直すことが大変重要になってきます。

どのような生活習慣が良いかというと

  • 規則正しい生活をおくる(3食しっかり食べる、深酒しないなど)
  • 睡眠をしっかりとる(7時間/日が目安)
  • 継続できる運動を取り入れる

食事、運動、睡眠をバランスよく無理せずに継続することが

良い生活習慣と言えます。

あたり前の事ですがつい見落としがちになるので

一度見直して見るのが良いでしょう。

若年性認知症を扱った他のドラマ、映画

今回の「大恋愛」のように「若年性認知症」を扱った

ドラマ、映画はあるのでしょうか?

調べてみました。

ドラマ

・ビューティフル レイン

フジテレビ系列 2012年7月1日~9月16日 出演 豊川悦司、芦田愛菜他

若年性アルツハイマー病の診断を受けた父親とその娘の親子愛を描いています。

画像 amazon.co.jp

・Pure Soul~君が僕を忘れても~

日本テレビ系列 2001年4月9日~6月25日 出演 永作博美、緒方直人他

若年性アルツハイマー病に侵された記憶障害の妻と、彼女を献身的に支える夫の

夫婦愛を描いています。

Puresoul.jpg

画像 Wikipedia

 

映画

・明日の記憶

2006年公開 監督 堤幸彦 脚本 砂本浩 三浦有為子 出演 渡辺謙、樋口可南子他

仕事一筋の49歳の広告マンが患った若年性アルツハイマー病を妻、家族、同僚など共に

受け入れてひたむきに生きていく人間愛を描いた作品です。

「明日の記憶 映画」の画像検索結果

画像 Wikipedia

 

主な作品を取り上げましたが

機会があれば一度見たいものですね。

 

まとめ

若年性認知症を扱ったドラマ「大恋愛」。

見どころ満載で3話に続いていますが

つくづく若年性認知症は怖いと痛感させられます。

日頃から規則正しい生活習慣をこころがける事を

肝に銘じて実践していかないとだめですね。

あたり前の事を当たり前にやり続けましょう!

この文章を読んで頂いてありがとうございました。

 

 

Follow me!

PAGE TOP