金本監督辞任!新監督は掛布?矢野?新庄待望論も矢野に決定!

プロ野球の話題です。

8日にヤクルトに5-6で敗れ

17年ぶりの最下位が確定した

阪神タイガースですが

本日11日、急遽金本監督が辞任することを

発表しました。

後任に矢野現2軍監督が就任することが

先程発表されました。

阪神矢野燿大2軍監督(49)が15日、来季の監督就任要請を受諾した。午後から西宮市内の球団事務所で揚塩球団社長と会談。正式に受諾の意向を伝えた。11日に金本知憲監督が辞任を表明してから4日後に「阪神矢野監督」が誕生した。

引用 日刊スポーツ

開幕前は監督就任3年目で

「今年のチームが一番強い」と

言っていた金本監督でしたが

終わってみたらこ17年ぶりの最下位。

巨人の高橋監督が辞任となった今、

辞めざるを得なかったんでしょう。

「きのう試合後に(揚塩)社長に、もう少し頑張ってくれと言われた。

(辞任考えたのは)最下位が決まったくらい。

やり残した部分は多々あるが、結果の部分。

何より最下位ということ」と話した。

続いて「結果を問われるのは阪神も巨人も一緒。

巨人は3位でもやめないといけない。僕は最下位ですから」と

3位で辞任した巨人・高橋由伸監督のことにも触れた。

出典 SANSPO.COM

坂井オーナー、片岡ヘッドも辞任

今日12日、坂井オーナー、片岡ヘッドも辞任という

ニュースが飛び込んできました。

監督だけが責任を取るというのはおかしな話ですから

当然と言えば当然の話ではありますが

阪神の坂井信也オーナー(70)が11日、大阪市内で会見し、今季限りでオーナーを辞任すると明かした。08年6月に就任し最高順位は2位。今季は17年ぶりの最下位に沈み「優勝できずにファンの皆さん、関係者の皆さんに申し訳ない気持ちでいっぱいです。金本監督を支えられずに本当に申し訳ない」と話した。今季の初めごろから交代を視野に入れたといい、金本監督との同日発表となった。

阪神が、片岡篤史ヘッド兼打撃コーチ(49)と来季の契約を結ばない方針であることが11日、分かった。

同コーチは16年から打撃コーチを務め、今季からはヘッドコーチを兼ねていた。今季は攻撃陣が不調でチーム打率はリーグ5位の2割5分3厘に終わっていた。

引用 日刊スポーツ

新監督は矢野?

矢野2軍監督が有力という情報です。

阪神が11日、次期監督として矢野燿大(あきひろ)2軍監督(49)に就任を要請する方針を固めた。

引用 日刊スポーツ

矢野2軍監督は今季2軍を日本一に導きました。

その手腕を買われての抜擢という事ですが

個人的ではありますが賢明な選択だと思います。

金本監督就任当初は1軍バッテリーコーチも務めており

現状のチーム状況を的確に把握していると思われます。

掛布さん、はたまた新庄さんという声も

ありましたが矢野さんでいくと思われます。

「新庄監督」はたぶんナシ

「新庄監督」待望論でネット沸く…「ついに出番」「劇薬」

 新庄剛志氏

 阪神・金本知憲監督(50)が11日、今季リーグ最下位の責任をとって辞任表明した。突然の虎将辞任を受け、次期監督に注目が集まる中、ネット上では新庄剛志氏のサプライズ就任を期待する投稿が相次いでいる。

引用 ディリースポーツ

阪神ファンらしい待望論ですが

まずないでしょう。

あったら大サプライズですけどね。

コーチ陣大幅入れ替え?

金本監督は昨年新たに3年契約を更新したので

留任は確定的と言えますが→11日辞任発表

コーチ陣は大幅に変わるでしょうね。

既に元中日の和田一浩氏の入閣が

決定的と言われています。

球団は今後、金本政権4年目の組閣作業に本格的に取りかかる。すでに元中日の和田一浩氏(46)に1軍打撃コーチ就任を要請することを決め、片岡ヘッド兼打撃コーチと矢野2軍監督を入れ替える方針も固めている。蓮托生(いちれんたくしょう)を誓って船出した金本政権1年目の1軍コーチ陣は、配置転換こそあったものの今季まで退団者はゼロ。だが今オフはもう“無風人事”というわけにはいかない。新しい体制について、谷本球団副社長は「秋季キャンプまでには」と説明した。

コーチ陣は寒い秋になりそうですね。

勝負の世界ですからしょうがいないです。

結果が出せなければ去らなければならない。

コーチが替わっても

ただコーチを替えただけで大丈夫なんでしょうか?

徹底的な意識改革

(勝利への執念、うまくなりたいという情熱)を

選手個々が持たないといけないと思うんです。

元近鉄、中日、DeNAの中村紀洋氏が

こう言っています。

「若手が激しい競争の中から自分の力でレギュラーを勝ち取る、というものが見えませんでした。福留、糸井、鳥谷と3人のベテランが阪神にはいますが、鳥谷は、若手との競争に負けてポジションを明け渡しましたか? ポジションを空けて、与えるということをやるとチームは弱体化するんです。阪神は、その典型。外から見ていてもわかります。そこじゃないですか? 若手が育ってこない最大の理由は」

金本監督は、就任2年目に「鳥谷と北條を競争させる」と言ってキャンプインしたが、本格的なオープン戦が始まる前の段階で、北條にショートのポジションを与えて鳥谷は三塁へコンバートされた。だが、北條は打率.210と低迷して結果が出せず鳥谷は三塁でゴールデングラブ賞を取った。
今シーズンも2年目の大山を使いたい金本監督は、キャンプで、早々に鳥谷に二塁へのコンバートを指令、三塁を大山に与えた。しかも、開幕戦は1番「高山」、2番「鳥谷」で臨んで巨人のエース、菅野智之を攻略したが、翌日の第2戦で巨人が左腕、田口麗斗を立てると、1番「俊介」、2番「上本」と打順を替えて鳥谷を外した。

「近鉄時代に僕も経験しましたが、競争がないままベテランを外して若手を使うような起用法を用いるとチームは低迷するんです。若い選手にポジションを与えると、ほどほどにはやりますが、ズバ抜けてはこない。そこで満足してしまうんですね。競って競って、結果で、そのポジションを奪い取った場合は『自分の力で勝った』という自信が生まれます。競争で奪い取ったポジションはレギュラーに定着します」

引用 THE PAGE

チーム内で真の競争がなかったのが

低迷の原因と指摘しています。

チーム関係者は肝に銘じて欲しいですね。

ドラフト戦略は?

若手がイマイチ伸び悩んでいる

阪神ですが

今年のドラフトはどうなるでしょうか?

一部の情報では

報徳学園の小園海斗選手に絞ったとの

情報があります。

画像 https://baseball-sokuho.com

その小園選手は強肩ショート、高校通算は28号とパンチ力も有り将来のスター候補生、今秋のドラフト注目選手の1人であるが、本日行われた春季兵庫県大会では1-2で敗れ夏の第一シートを逃したが、巨人や阪神、ソフトバンクなどのプロ5球団のスカウトが視察に来ていた。

中でも、阪神が異例の4人態勢で小園を視察、上位で内野手の獲得、世代交代を図るべく鳥谷の後釜に固定できない遊撃手候補の小園を狙っていると感じるが、その小園をスターになれると阪神は絶賛している

引用 https://baseball-sokuho.com

小園選手という情報はありますが

ここにきてどうでしょうか?

高校生の野手が必要なんでしょうか?

現在の阪神のスタメンは

打順 守備 名前 年齢
1番 二塁手 糸原 26
2番 遊撃手 北條 24
3番 左翼手 福留 41
4番 右翼手 糸井 37
5番 一塁手 陽川 27
6番 三塁手 大山 24
7番 中堅手 俊介 31
8番 捕手 梅野 27

以上のように外野手の高齢化が目立っています。

ここは外野手の上位指名、

大阪桐蔭の藤原恭大選手

https://twitter.com/yasu_pon21/status/1047488839088914432

立命大の辰巳涼介選手などの

外野手の補強が急務なのでは?と

個人的に思ってます。

まとめ

17年ぶりの最下位に沈んだ阪神。

コーチ陣は大幅な入れ替えが

行われることと思いますが

何よりもチーム真の競争意識を

植えつけることを

首脳陣はやって欲しいですね。

意識が変われば行動が変わる!

行動が変われば習慣が変わる!

習慣が変われば運命が変わる!

結果を変えたかったら

意識を変える事です。

 

この文章を読んで頂いてありがとうございました。

 

Follow me!