トヨタとソフトバンクが提携して新会社設立って何するの?

akusyu

トヨタ自動車と

ソフトバンクグループが提携して

共同出資会社を設立すると

今日4日発表がありました。

自動運転車を使った配車サービスの

分野で協力して

トヨタの移動サービス専用の

自動運転車両イー・パレットによる

事業を展開するそうです。

「イー・パレット」とは?

ところで「イー・パレット」とは

一体何なんでしょう?

「イー・パレット」とは

移動、物流、物販など多目的に活用できる

トヨタのモビリティサービス専用

次世代電気自動車(EV)

引用 https://japan.cnet.com

Large 180117 epalette 01

画像 乗り物ニュース

この次世代EVと

ソフトバンクのIT技術を連携させた

新しい事業を展開する目的で

共同の新会社を立ち上げると

いうわけです。

新会社は「MONET Technologies(モネ・テクノロジーズ)」

事業提携の詳細は

トヨタが構築したコネクティッドカーの情報基盤である

モビリティサービスプラットフォーム(MSPF)」と、

スマートフォンやセンサデバイスなどから

データを収集・分析する

ソフトバンクの「IoTプラットフォーム」を連携させる。

クルマや人の移動に関するさまざまなデータを活用することで、

需要と供給を最適化し、

移動における社会課題の解決や

新たな価値を創造する

未来のMaaS(Mobility as a Service)事業を

展開するというもの。

引用 https://japan.cnet.com

図にするとこうなります。

キャプション

画像 https://japan.cnet.com

”要は近未来の自動運転電気自動車の

サービスを共同で社会に提供する

という事になるでしょうか。

とにかく夢のある話です。

世界を変えるモビリティ社会の実現へ

この提携が意味しているものは

単なる電気自動車の機能が

良くなるという事ではなく

”「移動」という行動のあり方を変える

仕組みを社会に提供する”

ということになります。

例えをあげると

下記画像の様に

「イー・パレット」に乗りながら

検診を受けて

病院へは「イー・パレット」が

自動で運んでくれるサービスが

あります。

キャプション

画像 https://japan.cnet.com

また、移動中に料理を作って宅配するサービスや、

移動型オフィスなどのモビリティサービスを

需要に応じて適切なタイミングで

届けるとしています。

”電気自動車とインターネットで

移動そのものを自動化する”という

事業を展開していくという事です。

大きな夢のある話です。

新会社のスタートは?

新会社の資本金(資本準備金含む)は20億円で、

将来的に100億円まで増資する予定ということです。

出資比率はソフトバンク50.25%、トヨタ49.75%で、

今年度中に事業を始めると発表しています。

自動車をめぐるIT関連のサービス開発は

競争が激化が伝えられています。

そして変化のスピードも速いため、

トヨタとソフトバンクは連携により

新事業の開発を加速させたい考えているとのことです。

まとめ

トヨタ自動車とソフトバンクの提携で

移動そのものの在り方、考え方が

変わりそうです。

まさに、”移動革命”

日本の二つの企業の連携によって

産み出されようとしています。

開かれた次世代のため

他の企業も連携しあって

より良い社会を

創り出すことができれば

素晴らしいですね。

 

この文章を読んで頂いてありがとうございました。

 

Follow me!