日大宮川選手アメフト部復帰決断!気になる関学との対戦は?

日大アメフト部の悪質タックル問題で

加害者として記者会見に臨み

「アメフトをやる資格はない」と

言って、部を離れていた

宮川泰介選手が代理人を通じて

今日4日からアメフト部に

復帰することが発表されました

「良かった、良かった」と

個人的には拍手喝采と

胸を撫で下ろした気持ちの

二つが交差しています。

新監督からの打診で決断

宮川選手に対しては悪質タックルの

被害にあった

関学選手、関係者を始め

復帰を熱望する声が

数多く出ていました。

(管理人もその一人です。)

今回の復帰にあたっては

新生日大アメフト部の橋詰監督が

復帰を打診したことで

決断に至ったそうです。

文書で「厳しいチーム状況を立て直していくチームメートをよそに、私自身が何もせずにいることが無責任であると感じ、思い悩む日々を過ごしてきました」と述懐。橋詰功新監督と面談し、チーム再建に向けて復帰を打診されたことを明かし、「迷惑を掛けたチームメートに対する償いとして、部に復帰して、新監督のご指導をいただきながら、チームを再建していきたいとの考えに至りました」とした。

出典 ディリースポーツ

橋爪監督も根気強く

説得されたんだと思います。

また、相手方の関学の被害選手、

ご家族にも

復帰に関してお言葉をいただいたことも私の決断を後押ししてくれました」と感謝。「多くの方にご迷惑をおかけしましたことをしっかりと心に刻み、今後の糧といたします」とつづった。

出典 ディリースポーツ

以上のような感謝のコメントを

残しています。

関学側の反応は?

一方今回被害を受けた側である

関学大側も

関学大アメフット部は3日、「宮川泰介選手の部活動への復帰に賛同し、批判を受ける覚悟をもっての勇気ある決断に敬意を表します。チームメートとともに日大フェニックスの再生・復活に向けて尽力されることを強く期待しております」とのコメントを発表した。

以上のようにコメントしています。

宮川選手始め

日大アメフト部の選手に対しては

何のわだかまりもないようですね。

逆に宮川選手の復帰を

「心待ちにしていたんじゃないか」って

感じですね。

ちなみに現在の関学大の

リーグ戦の成績は3戦全勝です。

Division 1

 

順位 大学名
(勝-敗-分)
立命館 関学大 京都大 関西大 龍谷大 甲南大 近畿大 神戸大
立命館大学
(3-0-0)

49-0

45-12

31-15
関西学院大学
(3-0-0)

38-0

31-7

42-0
京都大学
(2-1-0)

14-0

28-3

14-31
関西大学
(3-0-0)

17-14

26-0

16-6
龍谷大学
(0-3-0)

0-38

0-14

14-17
甲南大学
(0-3-0)

0-49

3-28

0-26
近畿大学
(0-3-0)

12-45

7-31

6-16
神戸大学
(1-2-0)

15-31

0-42

31-14

2018年9月23日 現在 http://www.kansai-football.jp

今シーズンの関西リーグの前評判は

”関学VS立命の一騎打ち”と

言われています。

個人的には是非、関学に

甲子園ボウルに

出てきて欲しいです。

(あくまでも個人的です。)

ちなみに日大戦で負傷した奥野選手も元気で活躍しているとの事です。

1 埜下大雅 3年生 WIDE RECEIVER 関西学院 175cm 75kg
3 奥野耕世 2年生 QUARTERBACK 関西学院 170cm 76kg
4 鈴木海斗 2年生 RUNNING BACK / WIDE RECEIVER 横浜南陵 180cm 84kg

引用 関学大アメフト部HP

日大アメフト部はどうなる?

残念ながら今シーズンは

出場停止となってしまった

日大アメフト部ですが

今後はどうなるのでしょう?

まずは関東学生連盟の

”出場停止解除の措置”を

頂かなくてはなりません。

”充分反省し改善がみられる”

判断されれば

処分解除」となります。

そうすると、

2019年のシーズンからは

出場が認められますが

1部リーグの下位リーグ(BIG8)からの

スタートになります。

下位リーグで上位2位以内に入れば

上位リーグ(TOP8)のチームとの

入れ替え戦に臨めるようになります。

それに勝てば晴れて上位リーグ(TOP8)へ

復帰となります。

ただし下位リーグからの

スタートということは

大学日本一を争う「甲子園ボウル」への

出場はできません

宮川選手は今現在3年生ですから

学生時代には関学大とは公式戦では

”戦う機会はない”という事になります。

残念ですがこればかりは

しょうがありません。

まずは部員、関係者一丸となって再建を

大きな社会問題となった

日大アメフト部の”悪質タックル問題”

でしたが

新たに橋詰監督も就任し、

スタッフも一新しました。

理事長など学校経営者の姿勢が

取りただされていますが

過去の悪い膿は出し切って

新生日大アメフト部として

社会的に認められるように

努力して欲しいですね。

また必ず認められると信じています。

頑張れ宮川!頑張れ日大アメフト部!

この文章を読んで頂いてありがとうございました。

 

 

 

 

 

Follow me!