本庶佑さんのノーベル賞受賞で注目の『オプジーボ』ってどんな薬?

昨日10月1日は本庶教授の

ノーベル医学生理学賞受賞で

大いに沸きましたね。

ところで本庶教授が発見した「PD-1」。

その『PD-1』を基に開発された

『オプジーボ』とはどんな薬なんでしょう?

早速調べてみました。

『オプジーボ』とはこんな薬!

オプジーボは、リンパ球の一種であるT細胞の

表面に発現するPD-1と呼ばれる受容体と結合して

免疫の働きにブレーキがかからないようにする

「免疫チェックポイント阻害剤」と呼ばれる薬剤です。

オプジーボが血液に入ると、T細胞のPD-1と結合します。

これによりがん細胞とT細胞の結合が阻害されて

結果的にブレーキが解除される仕組みとなる。

この作用によって、

T細胞はがん細胞からの妨害を受けることなく、

がん細胞を攻撃できるようなるのです。

引用 ONO ONCOLOGY

免疫機能を誘発して

がんをやっつける薬ということですね。

オプジーボの出現は画期的

この『オプジーボ』の出現によって

今まで治療の手立てがなかった

進行がんの患者でも、

がんが劇的に縮小した報告が相次いで

効果の出る患者は長期生存の確率が

大幅に上がること期待されています。

今までがん治療は

  • 手術療法
  • 化学(薬物)療法…抗がん剤治療
  • 放射線療法

以上の3療法でしたが

いずれも「体への影響」や「副作用」がありました。

免疫療法は副作用がなく

進行がん、転移がんにも効果がある事から

「画期的」な治療法なのです。

世界的にがん治療の第4の治療法として

認知されているのです。

ノーベル賞もらって当たり前なんです。

免疫療法のデメリットは

画期的な治療法である「免疫療法」ですが

当然デメリットもあります。

それは

治療データの蓄積がない

最大のデメリットは、いまだ治療効果があるという根拠に乏しいところです。理論的には有効であっても、それを裏付け、証明するだけの治療実績は十分ではありません。絶対に効く!と断定することはできないのが難しいところです。

先進医療として認定されてはいますが、まだ評価が定まっていない点は否定できません。

抗がん剤の効果を下げてしまう可能性がある

抗がん剤は免疫力を下げる作用がある一方、免疫療法は免疫力を上げるので、効果を打ち消し合う可能性があります。

これは、それぞれを上手に使えば回避できる問題であることもわかっていますが、まだその方法は確立されていません。

出典 http://www.wakarugantenittmgd.com

以上2つの課題がありますが

これらは時間と

これからの研究に期待しましょう。

免疫力を高めるには

免疫力を日頃から高めることが

がん、その他の病気の予防に

効果的である事は間違いありませんが

具体的に日頃の生活で

どのようにすれば良いでしょうか?

免疫力があがる生活とは

  • 規則正しい食生活
  • 野菜を多くとる
  • 間食を控える
  • ゆっくり食べる

 

以上です。

どれも当たり前の事なので

意識して生活することを

心がけたいですね。

まとめ

画期的ながん治療薬『オプジーボ』

生みの親の本庶教授は

ひとが本来持つ「免疫」に

着目して『PD-1』を発見しました。

私たちが本来持っている力は

素晴らしいものなんですね。

「本来持っている力」を

発揮するためにも

頑張りすぎないことって大事ですね。

「ブレーキをかけるところはかける」

と考え方を変えてみましょうよ。

今まで眠っていた力が

よみがえるんじゃないですかね。

本庶教授のノーベル賞で

そんなこと考えてみました。

 

この文章を読んで頂いてありがとうございました。

 

 

 

Follow me!

PAGE TOP