長寿県滋賀の秘密は不老長寿の果物『ムベ』にあり!

皆さんは『長寿県』と言われて

真っ先に思いつくのはどの県ですか?

沖縄、長野など思いつくと思いますが

最近特に長寿で注目されている県があります。

それは『滋賀県』

 

厚生労働省が発表した

平成27年の都道府県の平均寿命の中で

男子1位、女子4位に輝いたのが『滋賀県』

男子は5回連続して1位だった長野県を

逆転しての1位です。

どんな秘密があるのか探ってみました。

不老長寿の果物『ムベ』

滋賀県の長寿の秘訣と言われて思ったのが

「琵琶湖に関連する食材?」と考えたりしましたが

琵琶湖でなく「不老長寿の果物」にたどりつきました。

その果物とは『ムベ』

むべ

引用 https://shigatoco.com

アケビの一種で近江八幡市の一部で栽培されています。

味のほうは

口に入れるとほ~んのりとした上品な甘さが広がり、
まさに「身体によさそう!」というお味。

引用 https://shigatoco.com

ただし、味のインパクトは

それほどでもないそうです。

不老長寿の言い伝え

なぜ『ムベ』が不老長寿の果物かというと

それは「言い伝え」から来ているんだとか。

何でも

万葉の時代に、近江の国・奥島を訪れた天智天皇が、
この地で8人の子どもを持つ元気な老夫婦に出会いました。
「なぜそんなに長寿なのか」と尋ねたところ、夫婦はこの地で採れる
珍しい果物を食べているからだと答えました。
天智天皇もこれを食べ、「むべなるかな」(もっともなことであるなぁ)と
言ったことから、この果物は『むべ』と呼ばれるようになりました。

以来、毎年秋に『むべ』は皇室へ献上されるようになりました。

このような言い伝えから『ムベ』は

不老長寿の果物と呼ばれるそうなんです。

栄養学的な根拠があったわけじゃ

なかったんですね。

『ムベソーダ』もあるよ

『ムベ』を栽培している

近江八幡市の農家さんでは

ムベ入りソーダを開発して販売しています。

むべソーダ

やさしい酸味と甘味で、とても爽やかなお味!

引用 https://shigatoco.com

この『ムベソーダ』は一本300円。

道の駅「竜王かがみの里」などで売られています。

https://www.rmc.ne.jpt

他にも長寿の秘訣が

『ムベ』は不老長寿の言い伝えでしたが

他にも滋賀県が長寿県である秘訣があります。

それは

  • 喫煙率(男性)が低い(1位)
  • ボランティア参加率が高い(1位)
  • スポーツ活動の時間(1位)

などです。

普段の生活習慣が長寿の秘訣なんですね。

まとめ

長生きすることは

決して人生の目的ではありませんが

日々の生活に目的を持って

楽しく過ごすことが

結果的に長生きにつながるんだと

改めて痛感しました。

日々ストレスにさらされている現代人ですが

日頃の習慣、考え方を見直すだけでも

健康に大きな力を与えてくれるます。

目的をもって楽しく生きることを心がけましょう!

 

この文章を読んで頂いてありがとうございました。

 

Follow me!