宇宙時代到来!小惑星探査機「はやぶさ2」リュウグウの表面撮影

宇宙の話題です。

今月22日に世界で初めて

小惑星「リュウグウ」に到着した

「はやぶさ2」が「リュウグウ」の

地表表面の動画を公開しました。

宇宙航空研究開発機構(JAXA)は27日、小惑星探査機「はやぶさ2」から小惑星リュウグウに投下された小型探査ロボット2台が撮影した新たな画像を公開した。表面は無数の岩や石に覆われ、ごつごつしている様子がはっきりと確認できる。

出典 毎日新聞

アメリカが絶賛

今回の「はやぶさ2」の動画撮影に対して

NASA(アメリカ航空宇宙局)の関係者から

絶賛の声が上がっています。

米航空宇宙局(NASA)の数々の惑星探査を担う「ジェット推進研究所」(JPL)で長く所長を務めたチャールズ・エラチ・米カリフォルニア工科大名誉教授が25日、東京都内で講演した。エラチさんは、小惑星リュウグウを探査中の探査機「はやぶさ2」について「いかに厳しいミッションか分かっている。このミッションに取り組む宇宙航空研究開発機構(JAXA)にまさに脱帽だ」と高く評価した。

出典 毎日新聞

手放しの評価です。

嬉しいですね。

「はやぶさ2」は2年後に

日本に戻ってくる予定との事です。

「こうのとり」国際宇宙ステーションに到着

もう一つ宇宙の話題があります。

無人補給船「こうのとり」

国際宇宙ステーション(ISS)に到着したと

発表がありました。

国際宇宙ステーション(ISS)に物資を運ぶ日本の無人補給船「こうのとり」7号機が27日夜、ISSに到着した。ISSのロボットアームで同日午後8時半過ぎにキャッチされた。

 23日に鹿児島県の種子島宇宙センターから打ち上げられたこうのとり7号機は、宇宙飛行士の食料やリチウムイオン電池のほか、実験試料を地上に持ち帰る宇宙航空研究開発機構(JAXA)の小型カプセル(約180キロ・グラム)を初めて搭載している。

 今後ISSとのドッキング作業が行われ、28日中に完了する予定だ

出典 YOMIURI ONLINE

 

凄いですねJAXA

宇宙参入ラッシュ

このJAXA(宇宙航空研究開発機構)の活躍だけではなく

先日のZOZOTOWN前澤社長の「人類初の月旅行」など

宇宙の話題が続いていますが

他にもホリエモンの”民間国産ロケット”

”月面からの水資源開発”を目指している

「ispace社」https://ispace-inc.com

”世界初の人工流れ星事業”を目指す

ALE社 http://star-ale.com/n

など、宇宙ビジネスを展開しようとする企業が

続々出てきています。

これからは本格的な”宇宙時代”に突入する

予感があります。

楽しみです。

まとめ

新たな可能性を感じられる”宇宙”

平成が残り1年を切った今

新しい時代は宇宙の時代であることが

予感されます。

未知の可能性をもった”宇宙”に

これからも注目していきましょう!

 

この文章を読んで頂いてありがとうございました。

Follow me!

PAGE TOP