急な雨!こんな時”傘シェアリングサービス”「アイカサ」が便利

最近は本当に雨が多いですね。

梅雨が短かった分、

秋の長雨はこたえますね。

急な雨に降られて困った事、

やむなくコンビニに行って

ビニール傘を買った事などは

ありませんか?

実は今、傘を簡単にシェアできる

サービスがあることをご存知でしょうか?

傘のシェア「アイカサ」

そんな悩みにこたえようと

2017年10月に始まったのが

傘のシェアサービス「アイカサ」

これはビニール傘を好きなタイミングで借りて

必要がなくなれば返却できるシェアリングサービス。
現在は渋谷の提携店舗にQRコード付きの
ビニール傘を用意していて
渋谷付近の社会人や学生に
広がりを見せつつあるんだそうです。
面白いサービスですね。

アイカサの3つの特徴
About Service

傘を持ち歩く
必要ナシ!

「急な雨で傘を持っていない!」
使うときだけ傘を借りて使える
傘のシェアリングサービスは、
そんなアナタの不便を解決します!

スマホだけで
らくらくレンタル!

借りるのも返すのも
スマホで「ピっ!」っとするだけ。
登録時のクレジットカードで
レンタル時に楽々決済。

たった60円で
1日使い放題!

傘を買うよりも圧倒的に安い、
1日60円のレンタル料!
電車に乗るときには返却して
また駅を降りたらレンタルするなど、
たった60円で1日使い放題です!

「アイカサ」が生まれたいきさつ

アイカサの創業のいきさつですが
Q: アイカサ創立のきっかけは何ですか?

きっかけは、私自身が一番傘を手軽に借りられるサービスが欲しいと思っていたことです。近年のシェアリングブームにも関わらず、誰も傘のシェアをしようとはしませんでした。望んでいたサービスを誰も作らないなら、自分で挑戦しようと思い立ったのです。

また、私は「モノを所有するよりも共有した方が楽で経済的」という考えを持っていました。たとえば自転車の空気入れ、工具、車などは、都市においては一家に一つなくても困らない。使用頻度が低いモノは、シェアした方がみんながハッピーになる、そう小さいころから思っていました。

おばあちゃんの家が隣にあり、よくミシンや空気入れ、食器、食材なども借りていました。そういった習慣と、もったいない精神が今の自分にも通じていたのかもしれません。

出典 https://ideasforgood.jp

このように創業者の

丸川照司さんは語っています。

目の付け所と挑戦する精神が

素晴らしいですね。

サービスの内容は

気になるサービスの内容ですが

  1. まずはHPより会員登録
  2. 専用アプリのダウンロード
  3. マップで提携店舗を探す
  4. 店舗にある傘のQRコードをスキャン

これで利用開始OK

返却の際は

  • 傘立てのQRコードをスキャン

以上で終了です。

料金は10分間で1円という価格設定のため

2時間の利用で120円と

超リーズナブルな価格設定なんです。

詳しくは

https://peraichi.com

これはもう、利用するしかないですね

まとめ

傘シェアリングサービス「アイカサ」。

今はまだ渋谷周辺という制約はありますが

今後順次エリア展開していくとの事なので

今後楽しみですね。

これからも面白いサービスをみつけたら

紹介していきますので

宜しくお願い致します。

 

この文章を読んで頂いてありがとうございました。

Follow me!