日米首脳会談で活躍の”タフネゴシエーター” 茂木特命担当大臣

政治・経済の話題です。

本日27日未明、

安倍首相はアメリカトランプ大統領との

「日米首脳会談」に臨み

アメリカとの通商協議中は

”自動車に追加関税を課されない”

記者会見で発表しました。

ひとまずホッとしたってところですかね。

「アメリカとの通商協議中」ってどういうこと?

とりあえず自動車に対する関税は見送りと

なってホッとしていますが

記者会見では

「アメリカとの通商協議中」とあります。

「通商協議中」とはどういうことなんでしょうか?

通商協議=TAG(物品貿易協定)交渉

ここにおける「通商協議」とは

TAG(物品貿易協定)の交渉の事で

これから開始する「TAG交渉の最中においては

自動車に関税は課さない」という事です。

TAG交渉の内容としては

  • モノの貿易に関する関税引き下げ交渉
  • 税関手続きの円滑化

主に以上の二点について日米間で

交渉がこれから始まります。

”タフネゴシエーター”茂木敏充特命担当大臣

一時はヒヤッとした

トランプ大統領の「自動車関税引き上げ発言」ですが

今回の交渉で活躍したのが

”タフネゴシエーター”として有名な

「茂木内閣府特命担当大臣」。

特命は「経済再生」です。

茂木大臣は難航が予想された

TPP交渉の際もタフな交渉をまとめあげ、

”タフネゴシエーター”(手ごわい交渉相手)として

諸国にも認識されている

最近の日本にはいない(と思われる)

心強い大臣ですね。

茂木特命大臣のプロフィール

茂木 敏充(もてぎ としみつ)

〔衆議院〕

選挙区 衆院選挙区 栃木
氏名 茂木 敏充(もてぎ としみつ)
性別 男(62歳)
生年月日 1955年10月07日
出身地 栃木県
最終学歴 1983年米ハーバード大学大学院修了
出身分野 企業・団体
党派 自民党
当選回数 衆議院 9回

出典 https://www.jiji.com

上にある出身分野の企業は「丸紅」、

団体はマッキンゼー社です。

当選9回という事ですから

立派な重鎮ですね。

今後の交渉はどうなる

TAG交渉開始で合意に至った日米両国ですが

今後の展開はどうなるでしょうか?

米側は自動車分野の関税引き上げを凍結した代わりに

農業分野で新たに関税引き下げを要求してるという

話もありますがどうなんでしょうか。

焦点だった農産品の関税については日本が「過去の経済連携協定で約束した市場アクセスの譲許内容が最大限」と主張し、米国は自動車の交渉について「米国の自動車産業の製造及び雇用の増加を目指すもの」との方針を示し、今後の交渉では双方がこうした立場を「尊重する」と明記された。

出典 毎日新聞

 

農業分野はTPPの水準が目安という事でしょう。

ひとまず安心というところですが

今後の成り行きを注目していきましょう。

まとめ

タフな交渉が予想された”日米首脳会談”ですが

”タフネゴシエーター”茂木特命担当大臣を始めとして

よく頑張ってくれたと思います。(個人的意見ですが)

これからも日本を良くするために頑張ってください。

期待しています。見守っています。

 

最後までこの文章を読んで頂いてありがとうございました。

 

 

 

 

 

Follow me!

PAGE TOP