ZOZOTOWN前澤社長、民間人初の月旅行へ!気になる内容、費用

ビッグニュースが飛び込んできました。

ZOZOTOWNの前澤社長が

民間人初となる”月旅行”へ出発することを

発表したんです。

これにはびっくりしました。

米宇宙企業のスペースXは17日、月周回飛行計画について、ファッション通販サイト「ZOZOTOWN」を運営するスタートトゥデイ社長の前沢友作さん(42)と契約したと発表した。2023年の打ち上げ予定で、実現すれば世界初の「月旅行客」となる。

引用 朝日新聞デジタル

最初のフライトの座席をすべて買い占めた

月旅行は予定では2023年、

月に直接着陸はせず周回旅行になる見通しとのこと。

旅行に際し前澤社長は

「フライトの座席をすべて買い占めた」ということで

6~8人のアーティスト、音楽家らと

一緒に行く予定との事です。

気になる彼女「剛力彩芽」さんも

当然メンバーに入ってるんですかね?

月旅行が新婚旅行だったら

かっこいいですね。

費用は1,000億円

気になる費用ですが

今のところ発表では未定ですが

700億~1,000億円ではないか?と

いう事です。

前沢氏は発表後の会見で「小さい時から月が好きだった。このチャンスを逃せないと思った」と感慨深そうな表情で語った。旅行費用については「まだ答えられない」と語ったが、関係者によると700億~1000億円程度という。

引用 日刊スポーツ

月旅行企画のスペースX社とは

この月旅行の企画をしたのが

アメリカのスペースX社。

この会社は2002年PayPalの創業者である

イーロン・マスク氏によって設立されました。

イーロン・マスクは現在

「世界最高の起業家」という声もある

1971年生まれの凄腕の実業家です。

このスペースX社は低コストのロケットを武器に

商業衛星市場で大きなシェアを獲得しています。

ただ、月旅行には強力な推進力を持つ

「大型ロケット」が必要となるため

商業衛星ロケットに強いスペースX社ですが

課題はまだまだありそうです。

他の計画は

前澤社長はスペースX社の計画での旅行ですが

他にも計画が走っています。

民間人の宇宙旅行ではこれまで、国際宇宙ステーション(ISS)に計7人が滞在したほか、米バージン・ギャラクティックは1人25万ドル(約2800万円)で高度100キロ以上の弾道飛行を行う宇宙旅行を募っており、来年にも始める計画だ。アマゾン創業者のジェフ・ベゾス氏が立ち上げたブルーオリジンも19年の宇宙旅行のチケットを発売する方針を明らかにしている。

引用 朝日新聞デジタル

今まで夢の夢だったのが嘘のようですね。

最後に

民間人初の宇宙旅行を発表した前澤社長。

男のロマンを感じさせてくれました。

生きるには「ロマン」が必要ですね。

「ロマン」は人生を豊かにしてくれます。

豊かな人生を歩みましょう!

 

この文章を読んで頂いてありがとうございました。

では、では。

Follow me!