自民党総裁選は今週20日決定 しくみ、ドント方式、名言をおさらい

gijidou

只今自民党総裁選真っただ中です。

候補者は

現総裁の安倍晋三氏と元幹事長の石破茂氏。

9月20日には新総裁が発表される

予定となっています。

「いまいち盛り上がりに欠けている」と

自民党総裁選ですが

ここでおさらいを含めて

いま一度解説していきたいと思います。

自民党総裁選とは

自民党総裁選とは

「自由民主党の党首を決める選挙」の事。

現在国会議員を一番多数輩出している

政党は自民党なので

自民党のNo.1=内閣総理大臣という事に

なります。

事実上の内閣総理大臣を決める選挙になります。

引用 時事ドットコム

総裁選挙の仕組み

自民党総裁選は自民党所属の国会議員(議員投票),

全国の自民党員、党友(党員投票)

それぞれの投票により行われます。

ここでいう党員、党友とは

年額4千円の党費を納めて構成員になる「党員」と、党の政策に賛同する外部の「党友」があり、いずれも総裁選で投票権がある。党員数は1991年の約547万人がピークで、今秋時点で党員・党友合わせて89万2521人。

(2015-11-30 朝日新聞 朝刊 2総合)

以上のことをいいます。

この議員投票の有効票と

党員票を各候補者の得票数を基に

ドント方式により配分した総党員算定票

合算した数の過半数を獲得した人が

自民党総裁になります。

議員投票+総党員算定票>過半数→自民党総裁

ということですね。

ドント方式って何?

先ほど聞きなれない言葉「ドント方式」という

記述がありましたが

「ドント方式」とは

いったいどういう意味なんでしょう。

ベルギーの法学者ドントが考え出した議席割り当てのための計算方式です。
① 各政党の得票数を1,2,3・・・の整数で割ります。
② 一人当たりの得票数が多い順(割り算の答えの大きい順)に、各政党の議席が配分されます。
③ 通常、各党の当選者は、比例代表名簿への登載者(とうさいしゃ)の上位から決まっていきます。
引用 http://gakusyu.shizuoka-c.ed.jp/shakai/

 

 

ドント式

引用 https://me-her.com/dontshiki/

このドント方式は

日本ではいわゆる比例代表

議席数集計に使用されています。

今回の自民党総裁選の場合は

上の計算方法の各政党の得票数は

各候補者の得票数ということに

なりますね。

総裁選歴史に残る名言

いまいち盛り上がっていない

自民党総裁選ですが

過去には歴史に残る名言も生まれています。

代表的なのは2001年の総裁選における

小泉純一郎氏の「自民党をぶっ壊す」

これは強烈なインパクトがありましたね。

この言葉によって下馬評を覆して

総裁選に勝利しました。

まさに言葉の持つ力でしたね。

 

最後に

自民党総裁選も今週の20日には

新総裁が決定する予定です。

安倍、石破両候補者は

最後のひと踏ん張りになりますが

日本を良い方向に導くため

全力で事にあたってほしいですね。

 

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

では、では。

Follow me!

PAGE TOP