ファミマとドンキのコラボ店舗で売上急上昇は意外なあの商品だった

コンビニ大手のファミリーマートと

ディスカウントストアのドン・キホーテが

今年の6月に共同実験店をオープンしました。

ユニー・ファミリーマートホールディングス株式会社(本社:東京都豊島区、代表取締役社長:髙柳浩二)と株式会社ドンキホーテホールディングス(本社:東京都目黒区、代表取締役社長:大原孝治)は、2017年に締結した資本・業務提携に基づき、ファミリーマート店舗を通じた共同実験を開始いたします。

このたび、ドン・キホーテ店舗の品揃えや売場づくり・運営手法を取り入れた共同実験店舗として、2018年6月1日(金)に、「ファミリーマート立川南通り店」(所在地:東京都立川市)と「ファミリーマート大鳥神社前店」(所在地:東京都目黒区)を、また6月29日(金)に「ファミリーマート世田谷鎌田三丁目店」(所在地:東京都世田谷区、※開店日は予定)をリニューアルオープンいたします。両社は、共同実験を通じ、品揃えや売場づくり・運営の手法などを検証し、ネットでは体感できないリアル店舗ならではの「お買い物の楽しさ」を追求してまいります。

ファミリーマートHPより

この3店舗において

役員をして

「なんで売れているのかわからない」

と不思議がられている商品があります。

本来は冬に売れるもの

その商品とは「焼き芋」です。

実験店で販売している焼き芋は、専用の焼き芋機に生のサツマイモを入れ、60分加熱して提供している。これはドンキと同じ方式だ。ドンキの広報担当者は「焼き芋は人気商品で、期間限定で販売している店舗もあれば、通年販売している店舗もあります。焼き芋機はレジ横に置いているのですが、においにつられて来店するお客さまもいます」と説明する。

焼き芋の存在について佐藤氏は以前から気にしていたようで「スーパーのマルエツ(東京都豊島区)のように、入口で焼き芋を通年販売しているところがありますが、なぜ売れているのか、いまだにわれわれは分かっていません」と語る。

引用 ITmediaビジネスオンライン

焼き芋の売り上げは

販売額ランキングの5位に

なっているそうですが

確かに「暑い時期になんで?」と

思うのですが

はっきりとした理由はまだなく

「ニオイ」につられて

買っちゃう人もいるのでは?

という事ぐらいしか

まだつかめていないらしいです。

全ての店舗は厳しい

こんだけ売れ行き好調なら

「全店舗で売ったらいいんじゃない」って

思いますが

そうは簡単にいかないらしんです。

ただ、現在、ファミマの店舗数は約1万7000店にまで膨張しており、全ての店舗に焼き芋を安定的に供給するのは難しく、早期の実現は簡単ではないとの見通しを示した。

引用 ITmediaビジネスオンライン

いつかは全店舗で

焼き芋が売られるのが

待ち遠しいですね。

まとめ

売れる商品というのは

売る側からしても

わからない事が

あるんですね。

よく「答えはお客様が出してくれる」と

言われますが

その通りですね。

お客様は神様です。ハイ。

 

この文章を読んで頂いてありがとうございました。

では、では。

 

Follow me!