だるくて辛い「秋バテ」は自宅で簡単にできる「炭酸風呂」で元気回復

急に涼しくなりましたね。

これから徐々に

秋の気配が押し寄せてくると

天気予報が告げていました。

ここにきて

「疲労感・倦怠感」がとれない

という方多くありませんか?

それって「夏バテ」ならぬ

「秋バテ」の可能性大です。

ここでは「秋バテ」について

ちょっと触れてみます。

「秋バテ」の原因は

「秋バテ」とは過ごしやすくなる

秋になっても

「疲労感・倦怠感」に加え

「食欲不振」などの症状も伴う

体調不良の事です。

秋バテの原因は

秋バテの原因は、夏の高温多湿や紫外線の影響、さらに最近では冷房による冷えや内臓冷え、寒暖差なども挙げられます。

①高温多湿や紫外線の影響

夏の暑さによる高温ストレスが原因
従来の夏バテの原因は高温多湿
紫外線による疲労は蓄積される?
②冷房による冷え&内臓冷え

冷房の低い温度設定と冷たい飲み物で秋バテリスク増加!
夏場の冷房による冷えで、秋になって不調が現れる

冷房の効いた部屋にいると自律神経が乱れる!?
冷たい飲食物で胃腸機能が低下
③室内外や朝晩の寒暖差

朝晩の気温差が大きいと自律神経が乱れる!?

秋は朝夕の寒暖差のため、夏の不調を引きずりがち

引用 ウェルラボ https://www.well-lab.jp/tag/search_season_fallfatigue

以上のことが原因になります。

特に今年は猛暑でしたから

「秋バテ」の症状で

苦しんでいる方も多そうですね。

秋バテの対策

この秋バテの対策ですが

とにもかくにも

「疲れをとること、ためないこと」に

尽きます。

疲れを取り除くためには

「血行を良くすること」

血行を良くするために

おすすめなのが「お風呂」

特に「炭酸風呂」がおすすめです。

「炭酸風呂」そのうれしい実力

炭酸風呂に入ると炭酸が効果的に

末梢の血管に入り込みます。

そうなると

血の巡りが格段に良くなり

「疲れがとれる」というわけなんです。

その他にも

  • 肩こり、腰痛、むくみが解消される
  • 乱れた自律神経が整う
  • 安眠効果
  • 肌荒れ防止

など様々な効果があります。

すぐれものですね。

簡単にできる「炭酸風呂」

この炭酸風呂ですが

ぬるめのお湯(38~40°)のお湯に

市販の炭酸入浴剤を

入れても良いのですが

自分で簡単に作る事もできます。

ご自宅のお風呂(目安湯量150ℓ)に

ぬるめのお湯(38~40°)を張ります。

それから

  • 重曹      150g(食品用)
  • クエン酸100g(食品用)

<下記参照>

先にクエン酸を入れて

湯船につかる前に

重曹を入れます。

最初泡がシュワシュワしてますが

シュワシュワがなくなった時が

入浴のベストタイミングです。

お湯に溶け込んだ重曹が

皮膚から浸透して

血流を改善します。

最高です!

 

まとめ

尚、「炭酸風呂」のご使用にあたっては

  • 換気を行うことと
  • 追い炊きをしないこと

以上のことを注意してください。

ご自宅で簡単にできる

「炭酸風呂」で体調不良を撃退して

元気いっぱい秋を楽しんでくださいね。

 

長い間文章を読んで頂いてありがとうございました。

では、では。

 

 

 

 

 

 

Follow me!