錦織圭ベスト16進出!次戦の対戦相手はベテランのドイツ人選手

全米オープンテニスは

3回戦が行われました。

日本の錦織圭選手

(世界ランキング19位)は

アルゼンチンの

ディエゴ・シュウォーツマン選手

(世界ランキング13位)と対戦して

6-4,6-4,5-7,6-1で勝利し

2年ぶりに

ベスト16進出となりました。

 

次の試合は

気になる次の試合ですが

日程は日本時間では

9月4日(火)

現地は9月3日で

時間は今現在未定です。

対戦相手はドイツの

フィリップ・コールシュライバー選手

(世界ランキング34位)に

決定しています。

どんな相手か気になりますね。

コールシュライバー選手とは

世界ランキング34位という事は

錦織選手より格下と

思われがちですが

3回戦では同じドイツの

アレクサンダー・ズベレフ選手

(世界ランキング4位)に勝っての

ベスト16進出ですから侮れません。

コールシュラーバー選手は

34歳の年齢という事ですから

ベテランの域に入っていますので

試合運びなどはうまいでしょうね。

しかも過去の

全米オープンの最高戦績は

4回戦進出なので

錦織選手に勝って

ベスト8進出を果たすと

自己最高戦績となります。

そのため並々ならぬ覚悟で

望んでくることが予想されます。

中々簡単には

勝たせてくれない相手である事は

間違いないと思います。

錦織選手との対戦成績

錦織選手は今まで

コールシュライバー選手とは

2度対戦して

2度共に勝っています。

対戦成績は2勝0敗ですが

前にも述べたように

ズベレフ選手に勝っての

4回戦ですから勢いがあります。

コールシュライバーのプレースタイルは

コールシュライバー選手は

右打ち、バックハンドは片手打ちの

オールコートプレーヤー

という事ですから

対応力には定評がある様です。

その反面、特に際立ったものがない

という評価が多々あります。

そのため錦織選手は

是非積極的に攻めて

自分のペースに持ち込んで

ゲームを進めてほしいですね。

積極的に攻めていけば

おのずと勝機は見えてくると思います。

頑張れ!錦織!

錦織選手の全米オープンの成績は

ところで錦織選手の

過去の全米オープンの成績ですが

  • 2008年  ベスト16
  • 2009年  不参加
  • 2010年  3回戦敗退
  • 2011年  1回戦敗退
  • 2012年  3回戦敗退
  • 2013年  1回戦敗退
  • 2014年  準優勝
  • 2015年  1回戦敗退
  • 2016年  ベスト4
  • 2017年  欠場

となっています。

準優勝、ベスト4を

過去1回ずつ記録していますので

相性の良い大会と言えるのではと

個人的には思います。

期待が持てそうですね。

気になる優勝賞金は

まだちょっと早いとは思いますが

気になるのは優勝賞金。

全米オープンは

賞金総額53,000,000ドル(約58億8,300万円)

これは男女同額なのだそうです。

男子シングルスの賞金は

  • 優勝       3,800,000ドル
  •      (約4億2,180万円)
  • 2位        1,850,000ドル
  •      (約2億   535万円)
  • ベスト4     925,000ドル
  •      (約1億   268万円)
  • ベスト8     475,000ドル
  •      (約    5,273万円)
  • ベスト16   266,000ドル
  •      (約    2,953万円)

となっていますが

昨年の賞金額から増額されていて

優勝賞金は前年比+10万ドル

賞金総額で

前年比+5%となっていますから

その点からも

是非優勝してほしいですね。

まとめ

いよいよ佳境にさしかかった

全米オープンテニス。

錦織選手は過去の最高戦績の

準優勝を超えて

悲願の日本人選手初の4大大会の

優勝を果たしてほしいですね。

酷暑のニューヨークですが

あせらず自分のすべての力を出し切って下さい。

期待してます!

頑張れ!錦織!

この文章を読んで頂き

ありがとうございました。

では、では。

Follow me!